未婚か既婚かチェックしちゃうけど…

左手薬指の指輪は“拒否”サイン?

2014.09.01 MON


「左手薬指の指輪=結婚」というイメージはいまだ根強く、「結婚相手のために空けている」という人も多かった。しかし、「左手薬指に縛られず、サイズやデザイン次第ではめる指を決めたい!」という女子も増えているようだ 写真提供/getty images
素敵な女性に巡り会ったら、結婚しているかどうか判断するため左手薬指をチェックしてしまう、なんて男性諸氏は多いハズ。しかし、それほど“左手薬指”にこだわっていない女性も多いという噂が…。そこで、20~30代前半の女性50人に指輪に関する意識調査を敢行した。

その結果、“左手薬指”に「思い入れがある」という人は6割の30人。つまり、4割の女性が左手薬指にこだわっていないということだ。左手薬指で未婚か既婚かを判断するのは難しいのだろうか。

「思い入れがある」と答えた人の声を拾ってみると…。

「彼氏に貰った指輪を、サイズが合うので中指にはめていたら、薬指にしてくれと頼まれて、彼氏と会う時だけ薬指に」(24歳・広告)、「結婚した同級生に左手薬指の指輪を自慢されてから、なんとなく気になるようになった」(26歳・医療)

一方、「思い入れがない」と答えた人のコメントは以下の通り。

「思い入れはないけれど、結婚していると誤解されても困るので、はめないようにしている」(23歳・飲食)。「若いころは“左手薬指”に憧れがあった。でも、年齢とともにどうでもよくなった(笑)」(33歳・医療)

ただし、「思い入れがない」と回答した人でも、実際に左手薬指に指輪をはめているという未婚者は1人もいなかった。また、「指輪をはめる指を決める理由は?」という質問には、約30%が“サイズ”と答え、“デザイン”が25%、“TPO”が20%で続いた。“指の意味”はわずか5%。どうやら、ボクらオトコが思っているほど、女性は“左手薬指”に強い思い入れを持っているわけではなさそうだ。

この結果について、恋する男女の心理に詳しい島田佳奈さんはこう解説してくれた。

「女性にとっての指輪は結婚の証などではなくて、ただのファッション。でも、多くの男性が“左手薬指=結婚”というイメージを強く持っているので、仕方なく意識しているんでしょう。そんな男性の意識を逆手にとって、口説かれたくないので指輪をあえて左手薬指にはめるという女性も結構いますよ」

つまり、“左手薬指”は結婚のサインというよりも、口説いてOKかどうかのサインとも考えられる。とはいえ、思い入れがあってもなくても、未婚者が左手薬指に指輪をはめていないのは事実。気になる女性が独身かどうかをチェックする手段としては、まだまだ有効のようですよ。
(鼠入昌史/Office Ti+)

※この記事は2010年10月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト