女子にはアヒル口とか困り顔とかあるけど…

写真に撮られる時のナイス表情は

2014.09.09 TUE


健さんは爽やかなアメカジに笑顔がピッタリ。聡さんはシックな服装に合わせてクールにキメつつも、「タコ口」がナイス!
「アヒル口」。唇を突き出すようにとがらせ、口角をクイッと上げる表情で、女子が写真に撮られるときの“キメ顔”としてすっかり定着したようです。ほかにも「困り顔」なんていう表情があるようで、女性誌を開いてみると女性モデルが、憂いを帯びた、困ったような顔して載っているではありませんか。そこでふとギモン。男子がカッコよく写るための表情ってあるんでしょうか?
10~20代の男性に人気の雑誌『men’s egg』でモデルを務める双子のイケメン兄弟、伊藤健さんと聡さんにテクニックを紹介してもらいました! まずは弟の聡さん。

「女子のような定番の顔、っていうのはあまりないと思いますけど、僕はときどき、撮られるときにほおを凹ませて、唇を少しとがらせる顔をしているみたいです。まわりからは『タコ口』とか言われることも(笑)。ほおが凹むことで、顔の輪郭をシャープに見せる効果が期待できると思いますよ」

輪郭をシュッと細く見せるということですね。兄の健さんは?

「僕は弟とクセが違うので、『タコ口』にはなりません(笑)。写真を撮られるときに気にしているのは、あごを引いて、目を大きくキチンと開くことですね。あとは、そのとき着ている服装のイメージに合わせて、顔の表情や動きを変えています。明るい色遣いでポップな服だったら、笑顔で元気さをアピールする表情にしたり、モノトーンでシャープな印象の服なら、すましてクールな表情にするとか。総じていえるのは、服装を含め、自分がどういうキャラクターで、どのように見られたいかを考えることじゃないですか。ただ気をつけたいのは、みんなで楽しいムードで撮る写真なら、自然な笑顔にすること。ひとりだけ場違いにクールな顔をしていてもおかしいでしょう」

男子が写真に撮られるときは、女子のような大きな流行はないにしても、そのときの場面を考えた表情をしているのが一番いいみたいで、考えてみれば納得。たしかに、「困り顔」をした男子の顔なんて、誰も見たくないですもんね。
(伊藤 裕/GRINGO&Co.)

※この記事は2010年11月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト