出世スピードを分けるのはやはり「体力」?

スピード出世組 「夜型」が8割強

2014.09.20 SAT


本アンケートで「お酒の強さ」について聞いたところ、「飲むほう」と答えたのは「スピード出世組」で50%、「スロー出世組」で47.4%。やはり「お酒が飲めないと出世ができない」ということはなさそうだ
30代になると、同期の中で徐々に“出世格差”が開いていく。早々と管理職になる人もいれば、なかなか昇進できず焦る人も。

では、「出世が早い人」は「遅い人」に比べてどんな特徴があるのだろう。「仕事ができる」のは当たり前として、ほかに共通項のようなものはないのだろうか? ということで、25~34歳のビジネスマン100人にアンケート調査を実施。「同期に比べ、出世が早いか」を尋ね、「早いと思う」「遅いと思う」「どちらでもない」の3グループに分け、「スピード出世組」の特徴を探ってみた。

その結果、「スピード出世組」と「スロー出世組」で大きな差が見られたのは、なんと「体力」。「あなたは体力があるほう?」と聞いたところ、「スピード出世組」は81.3%が「あるほう」と回答。対して「スロー出世組」は47.4%しか「あるほう」がおらず、体力の有無が出世に影響していることがうかがえる。やはり馬車馬のように働けないと、出世はおぼつかないということか…。

そしてもうひとつ、両者で差が大きかったのが、生活リズム。「朝型か夜型か?」と聞いたところ、「スピード出世組」はなんと81.3%が「夜型」と回答。出世組はスタミナ豊富なため、夜遅くまで働く結果、「夜型」になっていくのかもしれない。

このほか、「スピード出世組」と「スロー出世組」で差が大きかったのは「友達の数」。こちらは予想通りの結果だが、「スピード出世組」は「友達が多い」と答えた人が68.8%に上る一方、「スロー出世組」では21.1%にとどまった。

また、「アウトドア派かインドア派か?」も差が大きく、「スピード出世組」は「アウトドア派」が62.5%を占める一方、「スロー出世組」では26.3%。友達の数にせよ、アウトドア志向にせよ、社交的でアクティブな人のほうがやはり出世しやすいのかもしれない。

さらに「スピード出世組」の特徴といえそうなのが、「掃除・片付けが得意」(62.5%)で「ITガジェット好き」(62.5%)という点。「スロー出世組」はそれぞれ31.6%と36.8%で、明確な差が見て取れる。よく「デスクが汚い人は仕事がデキない」なんて言われるが、あながちウソではないのかも。「スピード出世組」に「ITガジェット好き」が多いのは、時代を反映してか、好奇心の強さゆえか?

一方、「スピード出世組」と「スロー出世組」で差が出なかったのは、服装や容姿。意外なところでは「お酒の強さ」も出世スピードとは関係ないようで、大差はなかった。

全体を通していえるのは、「スピード出世組」にはポジティブな回答が目立ち、「スロー出世組」にはネガティブな回答が目につく点。プラス思考が出世につながったのか、出世したからプラス思考なのか? にわとりと卵みたいな話ですね。
(河合力)

※この記事は2012年9月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト