女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

手作りしたいウエディングアイテムは?

2014.09.04 THU


リングピローなら手作りできそう? 画像提供/セキララ★ゼクシィ
最近、結婚式でよく見掛ける手作りのウエディングアイテム。受付に飾られていたり、披露宴で「新婦手作りの…」などと紹介されることも多いはず。一生に一度の大イベントだから、一つくらいは手作りアイテムを取り入れて、自分らしさを出したいと思うものなのでしょうか。そこで今回は、自分の結婚式にどんなアイテムを取り入れてみたいのかについて調査してみました。

「挙式・披露宴をしていない」もしくは「今、結婚式の準備中」という20~30代の女性を対象にアンケートを行ったところ、95%の人が「自分の結婚式に手作りアイテムを取り入れたいと思う」と回答。手作りしたいアイテムも聞いてみたところ、TOP3は以下のような結果になりました。

1位:ウエルカムボード
●「ゲストを歓迎するものだから、丁寧に手作りしたいし、おうちに飾りたいから」(25歳)
●「自分らしいものを用意して、みんなを喜ばせたい」(28歳)
●「心がこもっているし、節約にもなるため」(29歳)

2位:席次表、席札などのペーパーアイテム
●「自分でやった方が安いし、自分の好みのデザインで作れる」(31歳)
●「少なくとも宛名書きは自分でしたい。上手な字でなくても、手書きの招待状が届くとうれしい。時間的に可能なら、コメントも入れたい」(29歳)
●「ふたりで相談しながら作れるので、思い出になるかなと思って」(36歳)

3位:リングピロー
●「ウエディングドレスの余り布で作りたい」(31歳)
●「子どもが生まれたらファーストピローとして使いたいから」(25歳)
●「母が手芸得意なので、思い出作りも兼ねてお願いしようかなと思う」(29歳)

ダントツだったのは「ウエルカムボード」。会場の入り口に飾って、ゲストに最初に見てもらえるアイテムなので、「自分たちらしさを出したい」という意見が圧倒的。また「式後も新居に飾りたいから」など思い出の品として取っておきたいという人が多いようです。2位の「ペーパーアイテム」では、「おもてなしの気持ちを表現したい」という意見が目立ちましたが、同じくらい「節約のため」という声もあがりました。3位の「リングピロー」では、「母や姉妹に作ってもらう」、「手作りして子どもができたときのファーストピローにする」などのステキコメントが続々。

多くの人が取り入れたいと考える手作りウエディングアイテム。作るのに苦労したこともきっといい思い出になるはず。考えていなかったという人も、ぜひ一つくらい挑戦してみてはいかがでしょう?


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト