女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

親に紹介しにくい彼…どう紹介すればいい?

2014.09.26 FRI


ロックな彼は好きだけど… 画像提供/セキララ★ゼクシィ
そろそろ親に彼を紹介したいんだけど、彼の仕事や家庭事情・見た目・性格・年齢などの理由で、ちょっと紹介しにくいかも…と思ったことありませんか?

20~30代の女性にもアンケートで聞いてみたところ、51%の女性が「親に紹介しにくい男性と付き合ったことがある」とのこと。そこで今回は、大阪の「お見合い塾」で婚活アドバイザーとして活躍中の山田由美子さんに、親に紹介しにくいと思った原因別にガツンとアドバイスをいただきました!

<彼の仕事について>
「フリーター、水商売、ベンチャーなどの無名な会社や横文字の職業など、親に言いにくい場合は先に人間性を見せること。親が彼を気に入ってから、素性を明かすことが大切です。真面目に働いているのであれば、きっと許してくれると思いますよ」

<彼の性格について>
「チャラい、暗い、話し方がキツイなどで悩んでいる人は結構たくさんいます。そういう彼の紹介の時は、きちんとスーツを着てもらうこと。スーツは七癖隠す、素晴らしい小道具です。また、彼にはあまりしゃべらせないで、親が質問したら『それはね』と彼女が代わりに答えてあげましょう。これでだいたい大丈夫です!」

<彼の家庭事情について>
「家庭環境が複雑だったり、宗教や借金がある場合ですね。特に宗教は結婚にとってシビアな問題で、冠婚葬祭で両家が対立してしまうこともあります。まずは彼女が、そのような彼の事情を受け入れられるのかを自問して、きちんと覚悟をすることが大切。初めて親に紹介するときは言わない方がいいと思います」

<彼の離婚歴について>
「バツイチや相手に子どもがいる場合は、離婚した理由などのマイナス面は言わないことです。『同じことを繰り返すのでは?』と親を不安にさせるだけなので。親が彼を嫌いにならないようにプラスなことだけを伝えましょう」

<彼の年齢について>
「彼が年上なら包容力がものを言うので、甘えられる年上彼のいいところをしっかりと伝えましょう。彼が年下なら親も自分の子どものように話しやすいと思うので、実家にたくさん誘うことをおすすめします。きっと親も喜びますよ」

<彼の外見について>
「茶髪、ヤンキーっぽい、背が低い、太っているなどの場合ですね。親は自分の子どもの相手には、それなりに期待しているので、親に紹介するときくらいは彼に変身してもらいましょう。好きな彼女の言うことなら絶対に聞くと思いますよ!」

山田さんにお話を伺ったときに繰り返し出てきたキーワードは、「彼の悪口は言わない」、「ネガティブなことを言ってしまったら、必ずプラスのことを言ってフォローする」、「席を外すなどして、彼をひとりにしない」の3つ。また、「親を心配させるようなことは言わない、彼にも言わせない」ということもポイントなんですって。しっかり心得て挑みましょう!

【取材協力】
山田由美子さん
「お見合い塾」塾長。婚活アドバイザー。結婚に悩める塾生の背中を日々「関西おばちゃんパワー」で押しまくり、20万件の悩みに答え、1500組の成婚を達成。『バランス婚活』(ワニブックス)、『結婚できない理由は統計で出ている』(遊タイム)など著書も多数。


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト