甘いものでストレス解消したい! 人に朗報

低カロリー甘味料ストレス減に有効

2014.10.17 FRI


低カロリー甘味料「パルスイート」を使った「ヘルシーシフォンケーキ」。味の素株式会社がHP上でレシピを公開している。一般的な砂糖使用時よりも約87kcalオフに成功したという 協賛企業:味の素株式会社
仕事で疲れたときやストレスが溜まったときに、甘いものを食べて気分転換。そんな経験がある人は多いだろう。しかしメタボが気になる歳になると、いくらリフレッシュやストレス解消のためとはいえ、高カロリーのスイーツ頼りというわけにもいかない。

そんな「ストレス解消のために甘いものは摂りたいけど、カロリー過多で太りたくない」という人にうれしい研究結果が今年6月に発表された。山口県立大学看護栄養学部の吉村耕一教授らの調査によると、人は舌で甘みを感じることができれば、血糖値が上昇せずとも精神的ストレスが緩和するというのだ。つまり、ストレス緩和のために甘いものを摂取する場合、必ずしも高カロリーのものを摂らなくてもいいことになる。

同教授らが行ったのは、女子学生に「ブドウ糖入り紅茶」「エリスリトール(低カロリー甘味料)入り紅茶」「無糖紅茶」を飲んでもらい、その後にストレスのかかる作業をさせて、作業前後で比較した、精神的ストレス度の変化を測定するというもの。その結果、以下のような結果が生じたという。

A)「ブドウ糖入り紅茶」による試験→(ストレス度緩和/血糖値上昇)
B)「エリスリトール入り紅茶」による試験→(ストレス度緩和/血糖値上昇せず)
C)「無糖紅茶」による試験→(ストレス度緩和せず/血糖値上昇せず)

ここで注目すべきはBの「エリスリトール(低カロリー甘味料)入り紅茶」の試験結果。血糖値は上昇しない一方、ストレス度が緩和されているのだ。

試験結果について吉村教授は、「カロリーがなくても甘みをおいしく感じることでストレス緩和効果が得られることがこの結果で示されました。低カロリー甘味料は、カロリー摂取が気になる人にとっての手軽な対処法のひとつと考えられるでしょう」と語っており、低カロリー甘味料がストレス緩和に有効であると指摘している。

また、ストレス&カロリーコントロール推進委員会の報告によると、ダイエット経験のある20~40代女性300人への調査(株式会社シタシオンジャパン調べ「ダイエットに関する調査」2014年5月)で、ダイエット中に「食欲が増していると感じる時」の1位は「ストレスがある時」(82.7%)だった。太りにくくストレスも緩和される低カロリー甘味料なら、ダイエット中のストレスで思わず食べすぎ…なんて事態の予防にも役立ちそう。スティックタイプや液体タイプなど手軽に利用できる低カロリー甘味料も多いので、上手にストレス解消したい人は一度チェックしてみては?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト