頑張った自分にあげるものは何?

「ご褒美風俗」15%が経験アリ

2014.11.04 TUE


ちなみに「風俗に行く」の満足度は79.3%と11位。行く前は期待に胸を膨らましていても、女の子を見てがっかり…といった事態が多いのかもしれない
女子からよく聞く「頑張った自分へのご褒美」。ちょっとリッチなスイーツを買ったり、エステに行ったりしているイメージがあるけれど、男性だって同じように“セルフご褒美”しているはず。20~30代の男性200人に聞いてみたところ、なんと100%が「経験あり」と回答! そこで、具体的にどんなご褒美をあげているのか、実情を探ってみた。

■よく頑張った自分にあげるご褒美TOP10
(複数回答 協力:アイ・リサーチ)
1位 AV機器やゲームなどを購入(29.0%)
2位 服や靴、バッグなどファッションアイテムを購入(28.5%)
2位 美味しいお酒を購入(28.5%)
4位 美味しいと評判の高級店で食事(18.5%)
5位 風俗に行く(15.5%)
6位 マンガをまとめ買い(14.0%)
7位 マッサージに行く(9.0%)
8位 海外旅行に行く(8.5%)
9位 車やバイクを購入(8.0%)
10位 キャバクラやガールズバーに行く(6.5%)

【1位 AV機器やゲームなどを購入(29.0%)】
手元に商品が残る堅実なお金の使い道が第1位に。「休みもなく働いたので、ずっと我慢していたゲームをまとめ買い」「ボーナスがたくさん出たので、新しいパソコンを購入した」など、普段からほしかった機器をゲットする人が多かった。ただし「昇格祝いにPS3を買ったけれど、その後は仕事が忙しくてほとんどプレイできず…」なんて声も。

【2位 服や靴、バッグなどファッションアイテムを購入(28.5%)】
ファッションアイテムの回答で目立ったのは「高級時計を買った」という声。ステータスを反映しやすい腕時計には、やはり力を入れる男性が少なくないようだ。そのほかは、普段着よりもコートやスーツ、高級ブランド品といった大物を購入する人がほとんど。

【2位 美味しいお酒を購入(28.5%)】
美味しいお酒を購入する人には、大きく2つの傾向があった。毎日ちょっとしたご褒美を楽しむ派では「普段の発泡酒ではなく『プレミアムモルツ』に」というパターンが多く、ときどき贅沢なご褒美を用意する派は「高級ワイン」「輸入ビール」「プレミアのついたウォッカ」などを飲んでいた。

【4位 美味しいと評判の高級店で食事(18.5%)】
一番人気のメニューは、断トツで焼肉! 仕事でパワーを使い果たした体に、がつんと栄養を補給しているらしい。そのほか「一年間仕事を頑張ったご褒美に、高級フレンチ『ジョエル・ロブション』へ」「ミシュラン三ツ星の和食店へ行った」人も。「値段を気にせずに、食べたいものを食べたいだけオーダーした。動けないくらい満腹になったが『やってやった感』があり大満足」というコメントには、清々しささえ感じる。

【5位 風俗に行く(15.5%)】
手軽な「キャバクラやガールズバーに行く」の2倍以上もの票を獲得し、“ご褒美風俗”が5位にランクイン。「資格試験が終わるまで禁欲していたので、受かった記念に」という健気(?)な声から「いつも嫁さんに振り回されているため、家庭内の大きな問題が一段落したとき、好みの巨乳の子がいる店で憂さ晴らしした」と、物議をかもしそうな声まで、様々なコメントが集まった。「頑張って仕事をしてお金を貯めれば、またよい思いができるという自分への励ましを込めて」と、なんだか意識の高い(?)人も。

そんな“セルフご褒美”だが、満足度を聞いてみると、上位は1位「海外旅行に行く」(90.8%)、2位「ライブや舞台を観に行く」(86.2%)、3位「服や靴、バッグなどファッションアイテムを購入」(86.2%)という結果に。実際のご褒美と、満足度の高さは必ずしも一致していないようだ。とはいえ、先の楽しみがあれば頑張れるのは人の常。そろそろ冬のボーナスも出る時期、1年間奮闘した自分のために、とびきりのご褒美を用意してみてはどうだろうか。

(菅原さくら/アバンギャルド)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト