“食わず嫌い”ではもったいない!?

知られざる身近なサービスの実力は

2014.11.17 MON


日本で初めてコンビニATMを設置したイーネットでは、ほとんどすべてのカードが利用可能なのだとか! ※一部設置しているATMが異なる場合がございます。
昼食の弁当、残業の夜食、一服用のコーヒーや出先での急な雨に傘を買うなど、仕事中にも何かと立ち寄る機会が多いコンビニ。みなさんは、利用していますか?

公共料金の支払いや、宅配物の受け渡しまで、今やあらゆるサービスを提供しているイメージがあるコンビニですが、そんななかで、誰もがその存在を知りながら、利用に抵抗感を持たれているサービスがあります。コンビニのATMです。

あるインターネット調査(※楽天リサーチのWEBモニターを利用したインターネット調査/20~30代の男女1000人を対象に2014年8月9~10日実施)によると、コンビニATMに対して「銀行まで行かなくていいため、便利である」と感じている人は62.1%。にもかかわらず、同様の調査で「銀行まで行かなくてもいいため、手数料がかかるのは仕方がない」という人はわずか9.2%しかおらず、多くの人が手数料に不満を感じている現状が浮き彫りになりました。

しかし、実際のところ、利用手数料や利用時間は各銀行によって異なり、ポイントプログラムにより、無料で利用できるケースもあることをご存じでしょうか。24時間、365日オープンしている近所のコンビニで、手数料をかけずにお金を降ろすことができれば、利便性は格段に向上するはず。自分の預金先とコンビニATMについて、利用手数料がどのような条件になっているのか、一度確認してみては?

さらに、旅行や出張先で銀行ATMがない場合でも、全国にあるコンビニATMなら、銀行と変わらないサービスを受けられるというメリットも。たとえば、ファミリーマートをはじめ、全国1万3000カ所以上に設置されているイーネットのATMでも、多くの金融機関と提携しているので、銀行、ゆうちょ銀行やJAバンクなど、ほとんどすべてのカードが利用可能。証券・生命保険会社のカードやクレジットカードまでも利用できるのだとか。

年末の飲み会ラッシュを迎えるこれからの季節。予想外の出費にも慌てないよう、コンビニATMも上手に活用してみてはいかがでしょうか!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト