若手料理研究家・五十嵐豪さんが考案!

キャベツ大盛りダイエット鍋の魅力

2014.11.20 THU


撮影/大久保聡
あれもこれもと具材を入れて、ついつい食べ過ぎてしまうのが鍋の欠点(?)。カロリーのとりすぎは気になるけれど、満腹になったときの幸福感のために大盛りはやめられない…。そんなあなたは、料理研究家の五十嵐豪さん考案の題して「キャベツ大盛りダイエット鍋」を作ってみてはいかが?
「『大盛りダイエット』とは、五感の刺激により、低カロリー・低塩分・低脂質でも満足できるよう考えたアプローチです。見た目のボリュームと色彩で視覚、旨みで味覚を刺激し、低塩分でも満足度が高い仕立て。他にも、エビ、三つ葉の風味で嗅覚、切り干し大根を噛み切った音で聴覚、同じキャベツでも煮え具合の差で歯ごたえを変え触覚を刺激しています。ぜひ、試してみて!」(五十嵐さん)
では、早速作り方をご紹介!

◎「キャベツ大盛りダイエット鍋」
●材料(4人分)
・鶏むね肉 500g
・醤油(鶏むね肉用) 大さじ1/2
・ゴボウ 2/3本
・キャベツ 1/2玉
・トマト2個
・三つ葉 1/2束
・水 700ml
・切り干し大根30g
・桜エビ 5g
・塩昆布 10g
・醤油 大さじ1と1/2
・おろしニンニク 小さじ1/2
・ラー油 小さじ1
・塩、こしょう 適量

●作り方
1・ゴボウはささがきにして酢水にさらし、キャベツと三つ葉はざく切り、トマトはくし切りにし、鶏むね肉は一口サイズに切って醤油をもみ込む(※1)
2・鍋に水・桜エビ・塩昆布・醤油・おろしニンニク・ゴボウを入れて強火にかけ、煮立ったら、鶏むね肉・半量のキャベツ(※2)・切り干し大根をそのまま加えて弱めの中火で10分煮る
3・残りのキャベツとトマトを加えて3分ほど煮て、キャベツに軽く火を通したら、塩・こしょうで味をととのえる。仕上げに三つ葉をのせ、ラー油をかけたら完成!

*シメは、硬めに炊いたごはんを入れてあまり煮ずに。よく噛むことで食べ過ぎを防止します

※1:鶏肉に醤油をもみ込むことで肉の臭みが消え、安く買った肉もワンランク上の味わいに。牛肉や豚肉にも応用可能だ
※2:キャベツは2回に分けて入れ、食感の違いを楽しもう。先に入れたものも火の通りは歯ごたえが残るくらいに

取材・文/岡本のぞみ(verb)

  • ポイント食材・キャベツ

    キャベツは甘みが強く栄養価が高い芯にこそ価値がある。芯が立派で乾燥していない新鮮なものを選びたい
  • ちょい足し調味料・飛騨山椒

    粒タイプをミルで挽いてパラパラとかけると嗅覚とともに痛覚が刺激される
  • レシピ考案・五十嵐完成さん

    料理研究家/1986年東京都生まれ。満足できてダイエットもできる「大盛りダイエット」を考案。ほかにも材料が1つしかないときの「しかないレシピ」も研究し、食べることや料理の楽しさを提案している。著書に『自炊男子~ウマい&かんたん&安い!~』(大和書房)など多数。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト