若手料理研究家・きじまりゅうたさんが考案!

時短で本格派!手羽先の白湯鍋

2014.11.20 THU


撮影/大久保聡
鍋料理の長所の一つが簡単に(も)作れること。もちろん、手間と時間をかければどんどん本格的なものが出来るのだけれど、それはやっぱり面倒くさい。本格的な鍋を、楽して再現できるレシピはないものか…。そんな都合のいい鍋のレシピを考案していただいたのが、料理研究家のきじまりゅうたさん。長時間煮込んだような白濁スープを手軽に手に入れる「時間圧縮!手羽先の白湯鍋」の作り方とはいかに?

「土鍋さえあれば、とにかく簡単に本格的な白湯スープの水炊きができる、初心者におすすめしたい男の料理。そもそも鍋の調理はむずかしく難しくありませんが、入れる順番を間違えたりして、失敗することも。でも、これなら、ニラを最後に入れることさえ覚えておけばOK。キャベツもニラも、具材がすべて使い切れて余らせることがないのも、普段料理しない男子にはうれしいポイントでしょう」(きじまさん)

では、早速作り方をご紹介!

◎「時間圧縮! 手羽先の白湯鍋」レシピ
●材料
・鶏手羽先 8本
・鶏もも肉(唐揚げ用)  300g
・キャベツ 小1/2個 (300g)
・ニラ 1束
・ニンニク 小 3 片
・水 1400ml
・日本酒   200ml
・唐辛子の輪切り(タネは除く) 適量
・コーヒーフレッシュ  ポーション 3個分
・粗挽き黒こしょう 少々
・白すりごま 適量
・ごま油 大さじ2

A
・鶏ガラスープの素  大さじ1と1/2
・みりん 大さじ2
・塩 小さじ1/3

●作り方
1・土鍋に鶏手羽先・ニンニク・唐辛子・水・酒を入れて火にかける。沸騰したら、1度アクを取った後(※1)、ふたをして弱火で30分煮る。
2・キャベツは8等分のくし型に切り、ニラは 5cmの長さでざく切りにする。
3・鍋にコーヒーフレッシュ(※2)を入れる。さらに A を入れて溶けたら、鶏もも肉も加えて4~5分程度煮る。
4・キャベツを入れて少し煮た後、ニラをのせ、全体にごま油をかけて、ごまとこしょうを振ったら完成!

*シメには、ノンフライ麺のインスタントラーメンがおすすめ

※1:アクを取るのは 1 度でOK。途中でふたを取るとせっかくの熱や圧が逃げ、旨みが出ないので注意!
※2:コーヒーフレッシュを入れるとコクと白さがグッと本格的に。植物性油脂が鶏の旨みを邪魔せず、引き立ててくれる

取材・文/岡本のぞみ(verb)

  • ポイント食材・鶏手羽先

    肉以外にも骨からの旨みと、皮のコラーゲンによるとろみも期待できる食材なので具としてもダシとしても優秀
  • ちょい足し調味料・ゆず胡椒

    濃厚なスープに、柑橘の香りのさっぱり感が加わって2度おいしさが到来!
  • レシピ考案・きじまりゅうたさん

    料理研究家/1981年、東京都生まれ。祖母は料理研究家の村上昭子、母も料理研究家の杵島直美という家庭に育ち、幼い頃から料理に自然と親しむ。男性のリアルな視点から考えた初心者のためのレシピづくりが評判。 NHK『きょうの料理』『あさイチ』などTVや雑誌等で活躍している。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト