若手料理研究家・寺田真二郎さんが考案!

女子が喜ぶ!かぼちゃポタージュ鍋

2014.11.20 THU


撮影/大久保聡
たとえ料理が得意でなくとも、それなりの味にはなるのが鍋のいいところ。しかし、いつもの味つけにも飽きてきたし、ちょっと変わった鍋が食べてみたい…。そんな時にぴったりなのが料理研究家の寺田真二郎さん考案の「かぼちゃのポタージュ鍋」。見た目も味も驚きのレシピです!
「食欲をそそる黄色のスープにたくさんの彩りがのったポタージュ鍋。一見、女性向けにも見えますが、お肉もウィンナーもしっかり入っているので、実はボリュームがあって男性のお腹も大満足。もちろん、女性ウケもバッチリなので彼女に作ってあげても喜ばれるモテ鍋です。見た目は凝っているように見えますが、あまり料理になれていない男性でも手軽に作れるカンタン鍋です」(寺田さん)

◎「かぼちゃポタージュ鍋」レシピ
●材料
・かぼちゃ(皮付き) 300g(1/4個弱)
・たまねぎ 1/2個
・バター 20g
・水 400ml
・牛乳 400ml
・コンソメ(顆粒) 大さじ2強
・塩、こしょう(粗挽き) 適量
・豚薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 250g
・ウィンナ ー8本
・キャベツ 1/4個
・しめじ 1袋
・ミニトマト 8個

●作り方
1・かぼちゃを皮ごと一口大に切り、耐熱ボウルに入れ、水200ml(分量外)を注ぎ、ラップをかけてレンジ(600W)で7分加熱する(※1)
2・土鍋にバターとたまねぎのみじん切りを入れ、弱めの中火でたまねぎがしんなりするまで炒めたら、ざるで水気を切った1を加えて、フォークで皮ごとしっかりつぶす(※2)
3・2をとかすイメージで水を少しずつ加えて混ぜ合わせ、さらに牛乳・コンソメを加える。スープが温まってきたら、塩・こしょうで味をととのえる。
4・キャベツ、ウィンナー、しめじ、ミニトマト、豚肉の順で具を鍋に加え、豚肉に火が通ったら完成!

*シメには、ごはんとチーズを入れて、リゾット風に!

※1:かぼちゃを水と一緒にレンジで加熱すると、パサパサにならず、つぶしやすくなり、ゆでたときのように色も鮮やか!
※2:かぼちゃをつぶすときは、マッシャーやミキサーがなくてもフォークでOK。木べらよりもすべりにくくつぶしやすい

取材・文/岡本のぞみ(verb)

  • ポイント食材・かぼちゃ

    選ぶポイントは、ずっしりと重みがあり、色が濃く、皮がごつごつして硬いこと
  • ちょい足し調味料・カレー粉

    自分の取り皿にお好みで加えると、スパイシーさがプラスされ食欲アップ!
  • レシピ考案・寺田真二郎さん

    料理研究家/1983年、愛知県生まれ。調理師資格取得後、食品会社勤務やカフェ店長などを経て料理研究家に。身近な食材で作る初心者の方でも簡単にできる料理や時短テクニック、驚きのアイディアを活かしたレシピが好評。『メンズキッチン』『週末めとろポリシャン』など出演多数。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト