忘年会シーズン、外出先のトイレで困ったあれこれ

トイレの失敗談&俺流テクニック

2014.11.28 FRI


「小を漏らしたことがある」との回答が5.0%なのに対して、「大、または両方を漏らした経験がある」との回答は27.0%。年末の忘年会で飲酒の機会が増えて、お腹が緩くなりがちなこれから。外出先でトイレのお世話になることも多くなりそうだが、頻繁にフキフキすることで、お尻に負担がかかるかも…(全国の25~34歳の働く男性200人へのアンケート調査/2014年10月R25調べ)
あっという間に年末が到来。忘年会のお誘いも増えてくる季節だが、お酒を飲むとお腹が緩くなるという人は多いかもしれない。25~34歳までのビジネスマン200人にアンケート(※1)を実施したところ、なんと、27.0%の人が、大きな粗相をしてしまったことがあるという驚きの結果が判明。忘年会シーズンは特に胃腸に負担がかかりやすいため要注意だ。

もちろん、大人として失態は是が非でも避けたい。もよおしたらすぐトイレに直行だ。しかし、勝手知ったる自宅のトイレとは違ってアウェーならではの不満点も。アンケートで、「職場や外出先のトイレで不満なこと」を尋ねた結果、以下のワースト5が明らかになった。(※1)

1位 掃除が行き届いていない 49.0%
2位 数が少ない 24.0%
3位 トイレットペーパーの紙質が悪い 16.5%
4位 温水洗浄機能がない 16.0%
5位 和式である 15.5%
(複数回答)

なかでも、トイレットペーパーに関して掘り下げてみると、62.0%が「紙質をもっと良くして欲しい・できれば良くして欲しい」と回答しているのだ。その理由を尋ねてみたところ、「会社や外出先のトイレットペーパーは硬い」という回答が圧倒的に多く、そのほか、「何度も拭いているとお尻が痛くなる」「シングルではなくダブルにして欲しい」という内容のコメントが見られた。(※1)

トイレットペーパーの問題は、お酒を飲んでお腹が緩くなって、何度もトイレに駆け込む状態だと深刻だ。自宅の柔らかいトイレットペーパーに慣れている僕らのお尻は、悲鳴を上げてしまうかも…。

さらに、外出先ではトイレットペーパーを「揉みほぐして柔らかくする」「水などで湿らせる」「持参する」など、各々で創意工夫を試みているという声も(※1)。そんな光景を想像するに、なんとも、涙ぐましいじゃないか。

そこで、忘年会を始めとする外出先でも快適にトイレを利用するのに、オススメのアイテムが、おしりを清潔に保つ薬用清浄剤『サニーナ』だ。

トイレットペーパーにスプレーすると、紙が柔らかくなる優れもの。しかも、スクワラン(基剤)を配合した成分が滑りをよくして、お尻の皮膚に負担をかけずに汚れを拭き取れるのだ。また、消炎剤(グアイアズレン)配合なので、肛門周辺部のかぶれ・ただれも防いでくれる。容量は90mlとカバンに携帯しておけるサイズ。

暴飲暴食を避けるのは大人のたしなみだが、時にはお腹のトラブルに見舞われてしまうこともあるはず。お尻を酷使しすぎて痛い目にあう前に、普段から労ってあげたいものだ。
※1:全国の25~34歳の働く男性200人へのアンケート調査(2014年10月R25調べ)

  • サニーナ(医薬部外品)
    トイレットペーパーをやわらかくして、やさしいふき心地に。さっぱりキレイにふきとれ、おしりはいつも清潔。しかも、薬用清浄剤『サニーナ』は、来年で30周年というロングセラー商品でもある。ちなみに、排便前にサニーナを使うと、汚れがつきにくく、しかもふきとりやすくなる。
  • サニーナ トイレットロール(雑貨)
    トイレットペーパーの代わりに、優しくふけるティッシュタイプの『トイレットロール』もオススメ。ふきとり用オイル(スクワラン配合)で、おしりをサラッと清潔に拭き取ってくれる。もちろん、水洗トイレに流すことができる。この優しさ、一度実感してみてはいかが?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト