鍵は通信回線!? 限界突破の生活向上術

“ながら”作業で仕事力UP!?

2014.12.03 WED


外出先でも大容量データをスピーディに処理! WiMAXを活用すれば、限られた時間の中でこなせる仕事量も増えるはず!

いつでもすばやく送受信! 超速ビジネス環境を整えよう



外出のアポがあるのに、データのやり取りなど、デスクワークが終わらず、なかなか会社から出られない…なんて、現代ビジネスにはありがちなイライラ。限りあるオンタイムを効率的に使うためにも、この辺りを何とかしたい! デジタル機器に詳しいライターの山下達也さん、いい方法はありませんか!

「すぐにメールを確認するのは、効率的に仕事を進めるためには重要。そのための環境を整えておくことは現代ビジネスマンにとって大切です。外出先のメールチェックにスマホを使う人も多いですが、大きなデータを受信したり、さらにそのデータを修正して送り直すなどの作業が多いなら、ソフトや周辺機器に対応してくれるWindows タブレットの活用がオススメ。社内と同じPC環境をそのまま持ち出すことができます」

外でもオフィスと同じく仕事ができるのは、助かりますね。移動や外出先での待ち時間を活用できるのは心強い!

「データの受け渡しをスピーディに繰り返すためには、作業環境に加えて、インターネット環境の充実も必要です。スマホのテザリングを活用するという手もありますが、速度にも容量にも制限があり、さらにはスマホのバッテリーがはやく消費してしまい、いざというときに連絡ができないというリスクもあります。そうした心配なしに、外出先でスピーディに対応したいなら、WiMAX(ワイマックス)などの高速モバイル回線があるといいでしょう」

高速モバイル回線にもいろいろなサービスがありますが、「7GB まで」などパケット使用量に制限があり、仮に15GBを使用した場合には1万円以上かかってしまうなど制限解除には追加料金を必要とするタイプが一般的。ユーザーのなかには、制限を超えてしまったために通信速度が遅くなり、画面が固まってデータが落とせなかった…なんて経験をしたことがある人も多いのでは? しかし、会話に登場したWiMAXは、「WiMAX 2+」の対応エリアなら、最大110Mbpsの高速データ通信が月額3,696円で使い放題。 速度制限がなく、データ量を気にせずたっぷり使えるのが大きなメリットです。 これなら、外出先でも、いざというときに使えない…なんてトラブルの心配なしに、効率よくデータの確認ややり取りが行えるかも! パソコンやタブレットなど、複数の携帯キャリアモデルを使っている人も、WiMAXがあれば、これ一つで様々な端末を利用できるので、通信費の節約にもつながります。たとえば、スマホは2GBまでのパケットプランにして、WiMAXとセットで使うのも節約になるかもしれません。
どんな人でも、おトクな月額料金で、速度・容量に制限なしの快適なインターネット環境が確保できそうですね!

仕事の激しさがピークを迎えるその前に、アナタもWiMAXで、自分のさばける仕事の限界越えにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト