リング選びが結婚生活を左右!?

結婚指輪がプラチナの理由とは

2014.11.27 THU


細身でシンプルな造形に、小粒のダイヤモンド(メレダイヤモンド)のあしらいを施したリングが現在の主流。写真は、繊細な細工を施した冠のようなフォルムに、メレダイヤモンドがきらめく新作マリッジリング「アリアドネ」
R25世代にとって、ライフステージの大きな変化となるのが、結婚。彼女へのプロポーズに無事成功すれば、待っているのは二人での新婚生活です! これから長い生涯を共に歩んでいくことになる夫婦の、その絆の証として大切なのが結婚指輪。大切な思いを託すそんな指輪の素材として圧倒的に人気が高いプラチナですが、その理由をご存じでしょうか!?

たとえば、シルバーは日常生活で変色してしまいますが、プラチナはとても安定した貴金属なので、温泉の硫黄成分や漂白剤、プールの塩素、汗などでも、変質・変色する心配がありません。二人で過ごす日常の様々なシーンの中で、常に変わらず輝き続ける点が、夫婦の「永遠の愛」の象徴としてピッタリというワケ。

さて、そんなプラチナは、紙よりも薄く、糸よりも細く伸ばすことができ、さらに折れにくいというのも大きな特長のひとつ。様々なデザイン加工が可能なので、自分たちらしい指輪を選ぶこともできるのですが、そこは一生に一度のリング選び。後悔したくはないけど、何をどう選べばいいのか不安…という人たちも少なくないかもしれません。そんな人は、コンサルティング接客を採用したセレクトオーダーシステムが人気の「アイプリモ」を利用してみてはいかがでしょうか!

アイプリモでは、80タイプのリングバリエーションと、7000ピースのダイヤモンドルースを用意。購入予算に合わせて多くのリングデザインが揃っており、専属ジュエリーコーディネーターがしっかりと指輪選びのサポートしてくれるので、どれがいいのか迷ってしまうケースは少ないのだとか。これなら、一生身につけることができる結婚指輪が見つかりそう!

と、ここでひとつだけ注意したいのが、結婚指輪を探し始める時期。挙式の3カ月くらい前からは、式場会場との打ち合わせ、衣装合わせなどが増え、多忙になるケースが多くなるもの。アイプリモの銀座本店・店頭スタッフいわく、一生涯のリング選びは、一年以上の余裕を持つよう心掛け、最低でも半年前には探し始めるのがオススメとのこと。

結婚への初めの一歩となる指輪選び。一生に一度のことなので、プロによる的確なアドバイスは、心強い味方になってくれそうですよ!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト