加齢臭とは異なる“新たな体臭”が解明された!

30代の頭部が発する「ミドル脂臭」

2014.12.18 THU


マンダムの調査によると、ジアセチルが発生する後頭部を念入りに洗っている男性は、わずか6%! また、ミドル男性の4人に1人は洗髪時間が1分以内なのだとか。もっと丁寧に洗わないと女子に嫌われちゃうぞ! 画像提供/PIXTA
化粧品メーカー・マンダムの研究から、新たな体臭が、独自の手法により世界で初めて解明された。その名も、「ミドル脂臭」。これは主に30~40代男性(ミドル男性)の頭部周辺から発生する特有の脂っぽい臭いのことで、「加齢臭」とは異なるものなのだとか。

「ミドル脂臭は、“ジアセチル”という汗由来のニオイ成分が原因で発生することがわかりました。ジアセチルの発生は30歳前後から増加し、40歳頃にピークを迎えます。主に頭部から首の後ろにかけて発生しますが、枕からも発生しており、ミドル男性の“枕がクサい”と女性に指摘されるのも、この原因成分と考えられます」(マンダム 技術開発センター 臭気判定士・志水弘典氏)

マンダム監修の「ミドル脂臭リスク」チェックリストによると、「頭や首の後ろあたりがベタつくことがある」「汗をかきやすい」「1回30分以上の運動を週に2回以上していない」「夜食が間食が多い」「野菜より肉が好き」…など、これらに当てはまる節がある場合は、注意が必要。20代でもミドル脂臭を発している可能性があるという。

「ミドル脂臭のニオイ成分・ジアセチルの発生原因は、(1)発汗による乳酸量の増加、(2)過剰な頭皮脂、(3)抗酸化力の低下と考えられています。不規則で偏った生活習慣が常態化していると体の抗酸化力が低下する要因になりますし、肥満やメタボ体質だと汗や皮脂の量が増えます」(志水氏)

なんと…。不規則な生活スタイルで過ごしていると、ミドル脂臭に悩まされやすくなるんですね。ジアセチルの発生は加齢にともなう現象のため、仕方がないと思うけど、なんとか発生を抑える方法はないのだろうか?

「生活習慣を見直し、規則正しくバランスのよい食事を心がけることで、発生しにくい体質に改善することが重要です。また、しっかりと汚れを洗い落とすことも、同様に大切。弊社の研究結果から、ミドル男性の頭皮脂は若年層に比べてベタついていて、シャンプーで落ちにくいことがわかっており、頭皮脂とともにニオイが“蓄積しやすい状態”にあると考えられます。特にミドル脂臭の発生しやすい後頭部と首の後ろを中心にしっかりと丁寧に洗い、ニオイだけでなく、余分な蓄積脂を落とすことが重要です。頭皮がベタつきやすい人や、一回の洗髪ではシャンプーが泡立ちにくいと感じる人は、二度洗いをオススメします」(志水氏)

ミドル脂臭は女性が敏感に感知しやすく、嫌われるニオイでもあるそうなので、しっかりと時間をかけてシャンプーした方がよさそうだ。首の後ろを洗うのもお忘れなく。目指せ、無臭のジェントルマン!

(遠藤マイケル/verb)

※この記事は2013年12月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト