北嶋佳奈のビジネスマン栄養学

忘年会の胃疲れには人参&キャベツ

2014.12.19 FRI


ニンジンやほうれん草、キャベツが胃粘膜の再生・保護に効果的です! 本間昭文=イラスト
この時期、恒例となるのが忘年会。アルコールや味の濃い居酒屋メニューの取り過ぎで胃に負担がかかり、胃の疲れを感じることがあるのでは?そんなときには、ビタミンAとビタミンU(キャベジンとも呼ばれるビタミンに似た物質)が多く含まれる食材がおすすめです。

ニンジンやほうれん草に多く含まれるβ-カロチンは体内で必要に応じてビタミンAに変わります。ビタミンAは暴飲暴食で傷ついた胃粘膜の再生や保護に役立つ、疲れた胃の強い味方。油で炒めるとさらに効率よく摂ることができます。またキャベツやレタスに多く含まれるビタミンUは、胃粘膜の再生保護だけでなく胃酸の分泌を抑えるので胃痛に効果的。肝機能の向上にも役立つといわれています。こちらは生で食べるか、加熱する場合は、栄養の溶け出た汁ごといただきましょう。

ただし、これらの栄養素も胃の疲れをとる助けにしかなりません。年末年始を健康に楽しく過ごすためにも、暴飲暴食は控えめに。

北嶋佳奈=監修
管理栄養士&フードコーディネーター。レシピ開発や栄養・ダイエットに関するコラム執筆、飲食店メニュー提案などで活躍中。ブログでは定期的にレシピも公開している。レシピ本『遅夜ごはん』(宝島社)が好評発売中。 http://ameblo.jp/kanagohan15/

富永玲奈(アート・サプライ)=取材・文

※この記事は2013年12月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト