ネクタイ、ベルト、帽子etc.

収納王子の簡単収納法~洋服編~

2014.12.27 SAT


収納王子コジマジックさん(松竹芸能)
毎朝、ビジネスマンを悩ませているのが、取り出しにくくてイライラするネクタイの束。誰か助けて! というわけで、漫才コンビ「オーケイ」として活躍する一方、整理収納アドバイザーとしてテレビや雑誌で人気沸騰中の収納王子コジマジックさんに聞いてみました。

「僕がやっているのは、百均(百円均一)で売っているデュッシュスタンド(お皿立て)を使った方法。写真(右)のように強力両面テープで壁面に貼り、棒にネクタイを1本ずつ引っ掛けます。こうするとひと目でどこに何があるか分かる。1アクションで取り出せる。掛ける本数が決まっているから物を持つ適正量が決められる。つまり、収納で大事な3つの条件が満たされるんです」

なるほど。タンスの扉裏によくあるタオル掛けのようなタイプだと、いくらでも重ねられちゃうから結局、下のものは取り出しにくくなっちゃうんですね。では、ベルトはどう収納すればよいでしょう?

「ベルトはくるくるっと丸めて百均のプラスチックカゴに並べるのがいいですよ。バックルの大きさやベルトの太さが違って掛けにくいし、重さで落ちたりするので。ネクタイ同様これも重ねないのがポイントです」

そしてもうひとつ、近ごろ収納に困っている人が多いのがコジマジックさんもご愛用のハットだそう。

「百均のブックスタンドを強力両面テープで壁面に貼り、そこにハットをはめ込むんです。壁面を使って、なおかつ型崩れを防げます」

となれば早速、百均へGO!といきたいところですが、気をつけてほしいのは何でもいきなり収納しようとするのは間違いということだそう。では、何からすればいいの?

「まずは整理すること。つまり、よく使うもの、めったに使わないものに分けて、使うものだけを収納する。めったに使わないものは処分する。それだけで探し物がなくなり、整理収納の効果を実感できますよ。するとイライラがなくなり、1日が変わって、大げさではなく人生までも変わるんですよ」

自らの人生も変わったという収納王子の目の輝きに思わずうっとり。これは男性の皆様、整理収納上手を目指すしかないのでは?
(斉藤陽子)

※この記事は2011年06月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト