年末ジャンボ1等が10回当たっても及ばない…

日本の大富豪3400人で世界4位

2014.12.29 MON


一生に一度でいいからこんな札束を我が手に掴みたいものです… minack / PIXTA(ピクスタ)
師走の風物詩となった「年末ジャンボ宝くじ」。今年は1等4億円、前後賞合わせて6億円。「日本宝くじ史上最高額」と盛んに宣伝されています。庶民には夢のような金額ですね。

ですが世界には、そんな庶民の夢とは無縁な人たちが存在します。「大富豪」「億万長者」――と呼ばれる人たちです。ソフトバンクの孫正義氏とか、ユニクロの柳井正会長とか、日本にも世界の長者番付にランクインする大富豪が何人かいます。

では、世界に億万長者は果たしてどれくらいいるのでしょうか? 今年10月、スイスの金融大手「クレディ・スイス」が年次報告書「クレディ・スイス・グローバルウェルスレポート 2012(the Credit Suisse Global Wealth Report 2012)」を公表しました。

この報告書では、各国の家計調査をもとにクレディ・スイスが独自に富裕層の数を推計しています。また現在の経済状況が維持されるという条件のもと、5年後に世界の富裕層の分布がどう変化するかも予想しています。

クレディ・スイスの報告書におけるハイライトは次のとおりです。
・世界の富は、今後5年間に金額ベースで約50%増加する
(2012年・223兆米ドル⇒2017年・330兆米ドル)
・世界の億万長者は、今後5年間に18百万人増加する(28百万人⇒46百万人)
・米国の富は、2017年時点で89兆米ドルとトップを維持する
・中国は、世界の富を今後5年間で18兆米ドル増加させる。その結果、現在世界第2位の日本の富の水準を超える
・欧州圏の富裕層の人数は、今後5年間で16百万人まで増加するものの、現在の米国の水準へ追いつくのが精一杯である

同報告書によると、5000万米ドルを超える資産をもつ「上位富裕層」と呼ばれる個人は、世界に8万4500人いるそうです。そのうち少なくとも2万9300人が1億米ドルの資産を保有し、2700人が5億米ドルの資産を保有していると推計されるのだとか。

地域別では北米が4万人(47%)と半分を占め、欧州は2万2000人(26%)、中国、インドを除くアジアパシフィックが1万2800人(15%)と続きます。

国別でみると上位富裕層の人数は次のとおりです。米国(3万7950人)、中国(4700人)、ドイツ(4000人)、日本(3400人)、英国(3200人)、スイス(3050人)。BRICSの国々で増加ペースが早いのはロシア(1950人)、ブラジル(1500人)。

改めて言うまでもありませんが、「上位富裕層」の条件とされる「資産5000万米ドル」は日本円にして約42億円(2012年12月20日現在)。万が一、年末ジャンボが当たっても、悲しいかな足元にも及びません…。
(西山 昇)

※この記事は2012年12月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト