お辞儀は何回? 拍手はするの? 曖昧なままの参拝マナー

初詣で前の予習 神社のお作法って?

2014.12.31 WED


今回は神社の参拝の仕方を紹介したが、初詣での言葉の意味は「新年に初めて社寺に詣でること」だし、警視庁の三が日の参詣者ランキング上位を見ても神社と寺が両方入っている。初詣では神社ですべきか、お寺ですべきか。結局のところ、われわれが行う初詣でという行事に絶対の決まりはないようだ
新年の恒例行事、初詣で。せっかくだから作法にのっとった、きちんとした参詣がしてみたい…とは毎年思うものの、たいがい「あれ?本当はどうやるんだっけ?」とあやふやなまま、自己流の参詣になってしまいがち。そこで、國學院大學神道文化学部教授の井上順孝先生に正しい手順と作法を教えていただいた。

まず、神社で最初にすべきは「手水舎(ちょうずや・てみずや)」で手と口を清めること。本来、神に祈願する前には川や海などで作法どおりに身を清める「禊(みそぎ)」を行うのだが、一般向けに簡略化されたのが手水だ。ここにも作法があるので、覚えておこう。

1・右手で柄杓を持ち、水をすくって左手をすすぐ 
2・柄杓を左手に持ち替えて、右手をすすぐ 
3・再度柄杓を右手に持ち替えて、左手のひらに水をため口をすすぐ 
4・左手をすすぐ 
5・残った水が柄にかかるよう柄杓を立てて柄をすすぐ

直接柄杓に口をつけてすすぐのはNG。初めにすくった水ですべての動作をやりきるのがポイントだ。

体を清めたところで、いざ参拝! 鈴があるところでは、まずこれから拝礼を始めることを神様に知らせるために鈴を鳴らす。その後に続く拝礼は「二拝二拍手一拝」が基本。まず深いお辞儀を2回行い、右手を少し引いてずらした柏手を2度打つ。心の中で、神様への感謝の気持ちを述べたり、祈願をしたりした後に一礼して終了。なお、おさい銭の役割は神様に対する感謝の気持ちを「お金」に象徴させて納める行為であって、求める見返りのための“対価”ではないことに注意。大事なのは金額の多寡でなく、気持ち。身の丈に合った金額を奉納すべきなのだ。

以上、とても大ざっぱに“作法”を紹介したが、実は、地域や神社により参詣の作法は様々だ。だが、井上先生いわく「あまり細かいルールにとらわれすぎる必要はない」という。

「そもそも神社での作法は、地域や神社ごとに様々で、統一された作法はありません。また、ルールが厳格なほどありがたい気がしますが、実は世の中でいわれている“正しいルール”には本来の神道とは関係なく作り上げられたものがあることを、むしろ注意すべきです。神道の作法は“ゆるやかな作法”。形式にこだわるよりも、神様に感謝する・敬う気持ちこそ大事にすべきなんです。難しく考えすぎず、他人の家を訪れたときはどうするか思い浮かべて失礼になると思うことは神社でもしないことです。厳密な作法を求める神社には、注意書きがありますから、それに従えば大丈夫ですよ」

※紹介した例はあくまで一例。祭っている神、神社、地域で異なることもあります
※この記事は2009年9月に『R25』で掲載した記事を、編集部で再構成したものです。

※この記事は2012年12月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト