新体験のレモンフレーバーが常識を変える!?

ビールのイメージを覆す新種登場!?

2014.11.28 FRI


「ビールが苦手な人も、ビールが好きな人も、一緒に楽しめる新カテゴリーです」(新商品開発グループの中川紅子さん/右、渡邊美里さん/左)」
年末年始のパーティに、恋人とのクリスマスなど、何かとお酒を飲むシーンも多いこの季節。みなさんはどんなお酒がお好みですか? さて、「ビールは苦手…」なんて若い人の声もチラホラ耳にする最近ですが、そんな人たちにもぜひオススメしたい新商品が登場したのだとか! 今までにない香り&テイストが楽しめるというフレーバービアスタイルの発泡酒「キリン フレビア レモン&ホップ」がそれ! さっそく気になるその中身を確かめるべく、キリンビールの開発担当者に話を聞きました。

「ビール好きはもちろん、苦手な人にも新しいカタチで楽しんでもらえる商品を目指して開発しました。味はもちろん、デザインや手にとった時の感覚にも、新しさにこだわっています」

そう話してくれたのは、新商品開発グループ 主務の中川紅子さんと渡邊美里さん。たしかに、スマートでスタイリッシュなビンのデザインなど、これまでの“ビール”のイメージとはかなり違います。

「女性の手にしっかりフィットするボトルサイズやゆっくり時間をかけても飲めるキャップを採用するなど、飲み方や雰囲気も楽しめると思います」

パッケージももちろんですが、気になるのはやはりテイスト。

「香りの相性のよいレモンとホップの素材選びに始まり、苦味を抑え、香りを引き出すレイトホッピング製法を採用した発泡酒です。ビールの味に慣れている方にもおいしさを感じてもらえる、これまでになかった新しい味わいを実現できたと思います」

試飲させてもらったところ、まず口に広がるのはレモンの爽やかな甘み。ほんのりとした甘さに続いてやってくるのは、やわらかなビールならではのコクの余韻。甘さもありつつ、それでいて苦過ぎず、深みもあり、やっぱり苦くなく…新鮮な味覚と香りの体験ではあるものの、爽やかなフレーバーとほんのりとした甘みが違和感なくまとまりをもって感じられる点で、いわゆる“ビアカクテル”とは一線を画す、新しいタイプのビールですね!

「クラフトビール市場が盛り上がっていたり、全国各地でビールフェスが開催されているなど、これまでのイメージとは違い、ビールの楽しまれ方が多種多様になってきています。そんな今だからこそ、ビール類の面白さを知ってもらえるような新しい価値を持った商品を出すべきだと考え、発売に至りました」

ビールが苦手な人たちの新しい選択肢としてだけでなく、ビール好きの人でも、気分を変えたいときに楽しめる「キリン フレビア レモン&ホップ」。誰もが初体験となるこの商品なら、家飲みを盛り上げる主役になってくれるかもしれませんよ!

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト