「リベンジポルノ防止法」施行でも安心できない!

衝撃!失恋リベンジ事件簿7選

2014.12.02 TUE


lightwavemedia / PIXTA(ピクスタ)
元交際相手のヌード画像などをバラまくことを取り締まる「リベンジポルノ防止法(私事性的画像記録の提供被害防止法)」が先月19日に成立、今月中に施行される予定だ。違反した場合は3年以下の懲役、または50万円以下の罰金となる。

ようやく日本でも…と胸をなでおろした人もいるかもしれないが、けっして安心はできない。失恋の腹いせによる事件は、国内はもちろん世界各地で起きている。そこで、特にビックリなトンデモ事件を集めてみた。

●事件簿1:県警の巡査長、「おててに手錠したろか、逮捕したろか」と脅迫
48歳の女性に好意を寄せるも、冷たくあしらわれた47歳の奈良県警の巡査長。「おててに手錠したろか、逮捕したろか」と電話で脅すなどして、書類送検された。おててって…。

●事件簿2:酔っ払ってベンツのエンブレムを11個もぎ取る
中国・福建省泉州市に住む30歳の男性が、元カノを忘れられず泥酔。何を思ったか、繁華街に停めてあるベンツ5台からエンブレムを外した。その後も同様に収集し続け、11個の時点でお縄を頂戴することに。

●事件簿3:いまや有名女優に…相手を後悔させたくてオーディションに出場
「賞を取ったら、自分をフッた男の子を見返すことができるかも…」と、東宝シンデレラオーディションに応募。見事、特別賞を受賞! 女優・水野真紀の誕生秘話である。

●事件簿4:総数1900本! 約2カ月かけてクギを道路にバラまく
35歳のダンプカー運転手が、元同僚の30代女性に失恋。相手のトラックのタイヤをパンクさせてやろうと、約2カ月かけて岐阜県内の2つの国道に計1900本近くのクギをまいた。結果、付近でタイヤのパンク被害が続出。御用となった。

●事件簿5:まさかの定番卒業ソングに!? 失恋話を曲にしたらミリオンヒット
いまや教科書にも載っている、卒業ソングの定番「贈る言葉」。武田鉄矢さんが、福岡の天神で恋人にフラれた過去を歌った曲だとか。海援隊の大ヒット作となったが、金八先生の心中は複雑なのかもしれない。

●事件簿6:元カノ宅に潜入、ドッグショー出場予定の愛犬を丸刈りに
元カノと連絡がつかないことに怒ったイギリス人男性が、一緒に住んでいた家に潜入。ドッグショーに出場する予定だった愛犬のシーズーを丸刈りに。ドアや冷蔵庫などに落書きも。

●事件簿7:貧乏でフラれた腹いせに、125万円払ってネットTVに出演
「貧乏がイヤ」と彼女にフラれた中国の青年。悔しさのあまり、仕事に打ち込んで30万元(約375万円)を貯金。うち、10万元(約125万円)を使ってネットTVに出演して彼女に金持ちっぷりをアピールした。

大迷惑な犯罪行為から、悔しさをバネに立身出世したケースまで、失恋の痛手は往々にして人を奇行に走らせるようだ。他人事としては笑えるが、当事者だけにはなりたくない…。恋愛の破局時はくれぐれもご注意を!

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト