日本人形、人体模型、トイレ…背筋が凍る体験

子供のころ怖かったもの1位は?

2014.12.06 SAT

世論調査


1位にランクインしたのは「日本人形」。幼い頃…でなくとも、たくさん並ぶと今でもそら恐ろしい雰囲気がする
「幽霊の 正体見たり 枯れ尾花」という句のように、恐怖によって意外なものがオバケに見えてしまうことがある。大人になった今でこそ少ないだろうが、想像力豊かな子どもの頃は「いろんなものがオバケに見えて怖い思いをした」という人も多いはず。そこで編集部では、20~30代の男性200人に「子どもの頃に怖かったもの」について、アンケート調査を行った。

■子どもの頃に怖かったものTOP10
(1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計 協力/アイリサーチ)

1位 日本人形 210pt
2位 能面 120pt
3位 人体模型 103pt
4位 トイレ 98pt
5位 マネキン 64pt
6位 夜の電柱 61pt
7位 ピエロ 57pt
8位 井戸 55pt
8位 仏壇 55pt
10位 押入れの中 49pt

上位を占めたのは、「日本人形」「能面」「人体模型」などの“人体を模した造形物”。また、暗闇を想起する「トイレ」「夜の電柱」「押入れの中」などもランクイン。背筋を凍らせた理由は、以下のとおりだった。

【1位 日本人形 210pt】
「髪が伸びるとか言われていたから」(24歳)、「表情が怖くて、よくお化けの番組でも取り上げられたりしているから」(35歳)と、噂話やテレビ番組で怖くなった人の意見とともに、「不気味な存在感がある」(33歳)、「今にも動き出しそうで怖かった」(36歳)のように人形に“何か”を感じ取り、恐怖を感じたという声も多数。

【2位 能面 120pt】
「表情のない仮面に恐怖を感じたから」(35歳)、「目つきが鋭くじっと見ていると目が合っているような気持ちになるので」(33歳)と、表情に恐怖を覚えた人が多い。そのほか、「呪われそう」(37歳)という声も。

【3位 人体模型 103pt】
“学校の怪談”の定番「人体模型」については、「夜の理科の実験室を連想するから」(29歳)、「夜中に動きそうな感じがしたから」(35歳)のほか、そのビジュアルから「見た目が怖い」(39歳)、「人間の姿と臓器丸出しが気持ち悪い」(27歳)というコメントもあった。

【4位 トイレ 98pt】
「はなこさんを連想して」(34歳)とオバケを想像した人もいるが、「ボットン便所でトイレに落ちるかと思っていたから」(37歳)、「一人になるのが怖かったから」(39歳)、「狭い密室感が嫌」(29歳)と、“狭い場所で一人になる”というシチュエーションに対する恐怖も寄せられた。

【5位 マネキン 64pt】
「無機質な感じが死体の様だったから」(38歳)、「人ではないが、人の形をしているため」(26歳)と、人の形でありながら人でないことに恐怖を感じた人が多かったようだ。

そのほか、6位【夜の電柱】「怪獣に見えるから」(35歳)、7位【ピエロ】「『IT』という映画の影響で怖くなった」(32歳)、8位【井戸】「貞子が出てきそうだから」(23歳)、9位【仏壇】「死のイメージが強いから」(30歳)、10位【押入れの中】「父親に叱られて閉じ込められた」(31歳)というコメントも。

ちなみに11位以下は、「鏡」「天井の木目」「お地蔵さま」「狛犬」。「日本人形」や「能面」に対しては、「今でも怖い…」という人がいそうだが、年末実家に帰った時には、昔の記憶をさかのぼり、懐かしんでみるのも面白いかもしれない。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト