出席するなら「小学校>大学」だけど…

20-30代「同窓会は嫌い」6割

2014.12.09 TUE

世論調査


変化を期待して参加したいという声が集まった、小学校の同窓会。あなたは参加したい? 画像提供/宙舟 / PIXTA(ピクスタ)
年末年始、同窓会の予定がある人も多いだろう。だが、同窓会を楽しみにしている人がいる半面、周囲では「あまり行きたくない」という声もよく耳にする。実際のところ、皆さんは同窓会をどう思っているのか? 20~30代の社会人200人(男女各100人)の本音を3つのポイントで探ってみた(調査協力/アイ・リサーチ)。

1.〈同窓会に出席するのは好きですか?〉
・好き 39.5%
・嫌い 60.5%

なんと、同窓会は嫌という人が6割に及んだ。“学生時代を思い出したくない人”から“今の自分を見せたくない人”まで理由は多岐にわたる。「同窓会好き」「同窓会嫌い」双方から寄せられたコメントはご覧の通り…。

●「同窓会好き」派の声
「自分や相手の近況を報告しあうことで見識が広がるし、刺激になるので」(30歳・女性)「歳をとったのは自分だけではないと慰めたいから」(38歳・男性)
「知人たちの状況を知れる良い機会」(32歳・男性)
「一時期やらなかったが、今みんないい年齢になっていい感じで盛り上がれるようになってきたため」(39歳・女性)
「懐かしい旧友と思い出話に花を咲かせたいから」(38歳・女性)
「むしろ幹事をやる。昔の同窓生が懐かしいから」(30歳・男性)

●「同窓会嫌い」派の声
「面倒な事が多いし会いたくない人もいるので」(31歳・男性)
「自分の惨めな姿を人前に晒す気にはなれない」(39歳・男性)
「興味がない。仲良しの友達だけ会えていれば問題ない」(29歳・女性)
「大勢の場が苦手なので、ほんとうに仲の良い人だけならいい」(30歳・女性)
「マイナスの意味で、こんなに変わってしまったんだというショックを受けるのが怖いためです」(27歳・女性)

ちなみに同窓会といえば、思わぬ再開を果たして恋に発展! なんていう話も…。実際どのくらい期待しているのか、探ってみたのが下記の質問。

2.〈恋愛のきっかけになる出会いを期待して同窓会に出席したことはありますか?〉
・恋の始まりを期待して出席したことがある 10.5%
・恋の始まりを期待して出席したことがない 89.5%

何とも現実は冷めているようで、恋の期待を抱いて出席したことがある人はたった1割。ただし、恋を期待している人は、ドラマチックな展開を想像している様子。

●「同窓会に恋を期待」派の声
「久しぶりにあったあの子がとてもきれいになっていたということがよくあるから」(32歳・男性)
「昔ダサかった人も、もしかしたらイケメンになってるかもしれないので」(31歳・女性)
「彼女と別れたばかりだったため」(33歳・男性)
「美人がいる」(28歳・男性)
「昔の気持ちがよみがえってきそうだから」(27歳・女性)

●「同窓会に恋は期待しない」派の声
「めぼしい人とは学生時代に付き合ったから」(28歳・女性)
「出会いがあったとしても後々後悔すると思うから」(31歳・男性)
「自分の忘れたい過去も知っている人たちと会うことになるので。 出会いは期待していない」(28歳・女性)
「同窓会に出席しても、仲の良かった旧友と話すことが殆どなため」(33歳・女性)
「同窓会の出会いでは同じレベルの人間が集まるだけ。別世界の人間に出会いたい」(24歳・女性)
「女子校だから」(37歳・女性)

もっとも、ドラマチックな展開には「変化」というスパイスが欠かせない。同窓会への期待値は「時間の経過」に比例するのかも…と思わせたのが次の結果。

3.〈出席したい同窓会はどちら?〉
・小学校の同窓会派 64.0%
・大学の同窓会派 36.0%

ほぼ3人に2人が小学校の同窓会を選択。それぞれのコメントをみると、「変化」への捉え方によって評価が変わるようだ。

●「小学校」派の意見
「大学の同期とはよく会うから、しばらくご無沙汰な小学校の友人に会ってみたいから」(29歳・男性)
「小学校の同窓会の方が、おそらく友人たちもかなり変わっているだろうから、それが楽しみ」(39歳・男性)
「色んな人生を歩んでいる人に会えるから。自分の人生の原点だから」(23歳・女性)
「関係が深いのは小学校なので。保育園から中学校までの付き合いの友人が多いので」(31歳・女性)
「一番適当に過ごせそうだから」(38歳・女性)

●「大学」派の意見
「卒業してその後が気になるのは大学時代の友人の方だからです。ちゃんとやっているのかどうか、結婚などはしているのか気になります」(34歳・男性)
「仕事にプラスになりそうだから」(38歳・男性)
「ある程度自我がしっかりしてからの友人たちだから」(33歳・女性)
「小学校はもう縁が切れていてだれとも連絡を取っていない。 大学のほうがいい思い出が多い」(30歳・女性)
「卒業してからそこまで時間がたっていないから接し方も分かっているし、大学時代が楽しかったからです」(27歳・女性)
「小学校の同級生はほとんど覚えていないから」(31歳・男性)

「変化しているからこそ会ってみたい」と思うか、「変化しているからこそ会いたいとは思わない」のか…。両方の思いが交錯するのが同窓会に対する率直な気持ちだろう。あなたならどちらだろうか?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト