会場手配をはじめ、なんでも丸投げできる!?

「同窓会代行サービス」値段と中身

2014.12.16 TUE


懐かしい顔ぶれにたくさん会えるのが同窓会ならでは。話を聞いた笑屋では首都圏は100人、地方は70人規模の開催が多いそう
年末年始に帰省した際、地元で学生時代の友達に会うと「今度、同窓会やろうよ!」なんて話になることがある。ただ、その場では「やろう、やろう」と盛り上がるものの、自分で同窓会を企画する手間を考えると、つい腰が重くなってしまいがち。

そこで活用したいのが、同窓会の幹事代行サービス。開催の告知や会場の手配など、すべての作業を代行してくれるので非常に便利と話題! 最近は業者の数も続々増えているという。気になるサービス内容と価格について、年間開催実績が最多という業界最大手、笑屋の代表の真田幸次さんに話を伺った。

「主なサービス内容は、基本的にどの業者も一緒です。参加者の名簿の作成と管理から始まり、会場手配、案内状の作成と発送、出欠管理、名札などの当日の備品準備、当日の進行・運営・会計、二次会会場の手配などです。専用ホームページの作成も行います」

ちなみに費用はというと、ほぼすべての業者が、「当日の参加人数×会費」の総額が料金になるシステムだという。会費の相場は、ホテルや居酒屋など会場によって変わり、5000円~1万円がほとんど。例えば参加者が80人で会費が7000円なら、56万円を代行業者に払うことになる。この中に会場代や飲食代などがすべて含まれ、当日来られなかった人の会費は払う必要なし、事前準備金も必要なし、というのもうれしいポイントだ。

「そのため、参加人数が少ないと代行業者もビジネスになりません。業者側も参加者を多く集めて同窓会を成功させることが重要なので、SNSや掲示板型の専用ページなどで様々な呼びかけを行います」

笑屋をはじめ、主な同窓会幹事代行サービス業者の特徴と料金は以下の通り。

●笑屋
全国に対応。業者の中では唯一、会費が下がるスポンサーシステムと同窓会後も濃いつながりが保てる専用SNS「同窓会グラフ」を独自に運営。会費は5000~1万円(内訳は会場費&飲食代金+2500円)。

●同窓会ネット
全国に対応。2002年設立で一番の老舗。「同窓会BBQプラン」などのユニークなプランも。会費はエコノミー7000円~、スタンダード8000円~、ハイグレード1万円~。

●同窓会本舗
全国に対応。リーズナブルな価格設定が特徴。学校規模の同窓会だけでなく、クラス会にも応じてくれる。会費はバリュー4800円~、スタンダード6500円~、プレミアム7800円~。

●同窓会プロ
関西エリアを中心に対応。会費は7000~1万円。事前準備だけを任せられるお手軽プランもあり、費用は案内ハガキ発送枚数×300円+当日の参加人数×1000円。

「個人で開催しても費用は同じぐらいかかることが多いんですよ」と真田さん。費用に大差なく、手間が省けるなら利用しない手はないかも。

ただし、代行業者に頼む際には、開催日まで3~4カ月間の準備期間が必要とされるところが多い。ご利用はお早めに&計画的に!
(佐藤太志)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト