栄養抜群で大注目!アンチエイジングにも

カラダにいい「最強のナッツ」は?

2014.12.18 THU


「Groovy Nuts」の店内には、約30種類のナッツが陳列されている。同じ種類のナッツでも、殻の有無、生orロースト、塩の有無などで複数種類がある。珍しいものでは、殻がハート型の「姫くるみ」を取り扱っている。現在は品薄で入荷できていないが、深紅が鮮やかな幻のクルミ「クルミルビー」に出会えることも
ナッツといえばお酒のおつまみ。そんなイメージを持っている人は多いはず。しかし、今やナッツといえば「体にいい食べ物」として世界中で注目されているのをご存じでしょうか。美容や健康に効果があるということで、専門店も徐々に増えているのだとか。そこで、ナッツ専門店「Groovy Nuts」店長で、管理栄養士の資格を持つ森敦子さんに、ビジネスマンにオススメのナッツを教えてもらいました。

「外食などで味が濃いめの食事を摂ることが多い男性には、“ピスタチオ”がオススメです。カリウムを多く含んでいるので余分な塩分を排出する効果があり、むくみや高血圧の予防になります」

ピスタチオといえば、まさにお酒のおつまみのイメージだけど、そんな効果があったとは驚きだ。ほかにも何かありますか?

「ヘーゼルナッツもいいですよ。ビタミンやポリフェノールなど抗酸化作用が高い成分が多く含まれているので、アンチエイジング効果が見込めます」

確かに、もう若くない30代男性はお肌も気になるところ。食べるアンチエイジングはうれしいところです。ちなみに、そんなナッツのなかでも“最強”の効果を持つものはなんなのでしょう。

「強いて選ぶなら、クルミではないでしょうか。“オメガ3”と呼ばれる必須脂肪酸が豊富で、コレステロール値の低下や血管を柔らかくする作用などがあります。いわゆる成人病の予防ですね」

毎年の健康診断に不安を感じるお年頃、確かに、30代男性にはある意味最強かも。しかし、ナッツといえば、カロリーが高い印象があるのですが、その辺りがちょっと不安…。

「もちろん食べ過ぎはNG。私たちのお店では、『Nuts by handful everyday(毎日一握りのナッツを)』とオススメしています。30g程度ですね。そもそも、単純にカロリーだけを比較しても意味はありません。大事なのは栄養価の質です。例えば、ジャンクフードと同じカロリー分を食べたとしても、ナッツは成分の質が良いので、体への影響は全く異なります」

オススメの食べ方としては、小腹が空いたときに、おやつの代わりにポリポリ…なんて摂り方がいいのだとか。ナッツは食物繊維が多いので血糖値が上がりにくく、ちょっと食べたら余計にお腹が減ってきた、なんてことも起こりくいそうです。

「忙しい朝なら、朝食代わりに食べるのもいいですよ。時間があれば、砕いてスープに入れたり、お肉にまぶして焼いたりしても、香ばしさがでて美味しいですね。ミキサーで野菜ジュースを作る人は、野菜と一緒にナッツを入れると、楽しい食感が味わえます」

パンケーキやポップコーンなど様々な食のブームがありますが、もしかすると次はナッツブームが到来するかも。女子もすなるナッツ生活、男子のあなたも始めてみてはいかがですか。
(コージー林田)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト