湯豆腐、カニ、牡蠣…“お供”は何にする?

熱燗に合う「冬の料理」1位は?

2014.12.22 MON


11位以下は、「ホッケの開き」「アン肝ポン酢」「ちゃんちゃん焼」。やはり海鮮系が強い結果に 画像提供/PIXTA
北風が吹く街角で、赤提灯の暖簾をくぐり、熱燗でホッとひと心地。酒好きにとってはたまらない瞬間だ。そして一緒に楽しみたいのはその“お供”。脂の乗った刺身や温かい鍋物など、旬で美味しい物があふれていて、迷ってしまう。そこで編集部では熱燗に合うと思う「冬の料理」について、20~30代の男女200人(男性100人、女性100人)にアンケート調査を行った。

■熱燗と一緒に食べたい「冬の料理」TOP10
(1~3位まで選んでもらい、1位を3pt、2位を2pt、3位を1ptとして集計 協力/アイリサーチ)

1位 湯豆腐 156pt
2位 牛すじ煮込み 155pt
3位 カニ料理(茹でガニ、焼きガニなど) 152pt
4位 牡蠣料理(生牡蠣、焼き牡蠣など) 118pt
5位 フグ刺し 77pt
6位 ブリ刺し 68pt
7位 焼きスルメ 67pt
8位 マグロのとろろかけ 57pt
8位 揚げ出し豆腐 57pt
10位 風呂吹き大根 50pt
10位 白子ポン酢 50pt

冷えた体を温めてくれる鍋物や煮込み、冬に美味しい旬の食べ物がズラリと並んだ。では、それを選んだ理由は?

【1位 湯豆腐 156pt】
「ポン酢で食べて、熱燗を飲んで、温まりながら食べたいから」(35歳・女性)、「あつあつのお豆腐と一緒に、自分も熱くなりたい」(34歳・男性)と、“温まりながら日本酒を飲みたい”という声が多数。「さっぱり食べられて、お酒の味がよくわかるから」(39歳・女性)と熱燗と好相性なのもポイントのよう。

【2位 牛すじ煮込み 155pt】
「甘辛い牛筋煮込みと日本酒の熱燗が非常に合うため」(39歳・男性)、「肉が酒にマッチングするから」(25歳・男性)と、濃厚な味と熱燗の相性を褒め称える男性が多かった。

【3位 カニ料理(茹でガニ、焼きガニなど) 152pt】
冬の食べ物の代表格のカニ。「冬の風物詩だから」(38歳・男性)、「カニといえば熱燗!だから」(36歳・女性)という声が多数寄せられた。また、「贅沢な気分に浸れそうだから」(33歳・女性)とその高級さに惹かれる人も。

【4位 牡蠣料理(生牡蠣、焼き牡蠣など) 118pt】
3位に続いてこちらも冬の風物詩。「味が濃厚で酒と相性が良い」(36歳・男性)、「旨みがすごいので、お酒がとてもおいしく飲めると思う」(35歳・女性)と、“海のミルク”といわれる濃厚さをポイントとするコメントがあった。

【5位 フグ刺し 77pt】
「高級で旬なものなので」(37歳・女性)、「滅多に食べられないから」(33歳・男性)、「贅沢な時間をお酒とともに」(33歳・女性)と、贅沢な気分が味わえることを評価する声が多かった。

そのほか、6位【ブリ刺し】「贅沢な刺身でお供できるのはとても幸せな気分」(35歳・男性)、7位【焼きスルメ】「酒のツマミといえばするめだから」(36歳・男性)、8位【マグロのとろろかけ】「つるつるした触感が日本酒と合いそう」(36歳・女性)、同率8位【揚げ出し豆腐】「とろりとしたあんで体が温まるし、濃いめの味でお酒が進みそうだから」(39歳・女性)、10位【風呂吹き大根】「甘辛いたれが日本酒に合うから」(38歳・女性)、同率10位【白子ポン酢】「食感も味も好き、冬にはほぼ欠かさず食べる」(39歳・男性)というコメントも。

カニ、牡蠣、フグ、ブリなど、旬の海鮮が豊富なこの季節。今夜のお供は何にする?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト