スクイジーって何?

大掃除窓ふきプロの手さばきを習得

2014.12.24 WED



堀口さんによると、スクイジーは30cmタイプが扱いやすくてオススメとのこと。たれにくい密着泡で、ふきすじが残りにくいガラスマジックリンとの相性も抜群
大掃除でやりたくない掃除場所のひとつ、窓ふき。寒風吹きすさぶなかでの窓掃除はかなりの苦行といえる。できれば短時間でパパッと済ませたいところだが、キレイにしたつもりが、微妙にふき残しがあったり、曇りが残っていたりと、ピカピカに仕上げるのは意外と難しい。

そこで今回は「スクイジー」を用いた窓ふきの仕方を紹介しよう。スクイジーとは、ビルの清掃などでプロが使っているT字型のワイパーのこと。そう聞くと、わざわざ自宅の窓ふきにプロの道具を用意するのはハードルが高いように思うかもしれないが、スクイジーは数百円〜2000円程度とわりと手頃な値段で購入可能だ。

「スクイジーは窓ふきを短時間で、美しく仕上げるのになくてはならないアイテムです。誰でも簡単に使えるので、家庭用に1本置いておくと便利ですよ」

そういって、スクイジーの使い方を教えてくれたのは、窓ふき専門会社・湘南美創の堀口太郎さん。今回は家庭でも再現できるよう、ネットで購入したスクイジーとガラスマジックリンを使って実践してもらった。

プロの鮮やかな手さばきを披露してもらったあと、それを簡単に再現できるスクイジーの使い方もしっかり教わったので、その詳細は動画で確認してほしい。

また、窓ふきをするときは、取り外したカーテンの洗たくも同時に済ませてしまおう。カーテンの丸洗いについての記事は下記の関連リンクをチェック。

レクチャーを受けた感想として、スクイジーの使い方は思いのほか簡単だった。ガラスマジックリンの効果とあいまって、2度ぶきいらずでピカピカの仕上がりになった。また、スクイジーを使って泡を切るのがじつに楽しく、面倒な窓ふきが苦にならなかったのも大きなポイント。この年末はスクイジーとガラスマジックリンで、窓ふきを“楽しんで”みてはいかがだろう?

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト