話題のサービスアパートメントとは

憧れの高級賃貸 その中身とは?

2015.01.05 MON


最近話題になってるホテル並みのサービスがある高級賃貸=サービスアパートメントって知ってます? 家賃は20万円程度から100万円を超えるものまでと高いのだけど、基本的に家具付きで、敷金・礼金が不要、短期契約も可能だとか。もしや、ちょっとだけでも住めるのでは? 実際どんなものなのか確かめたい。株式会社スペースデザインが運営するビュロー品川を訪ねてみた。

「サービスアパートメントは海外では定着していますが、日本で登場したのは8年ほど前です。当時は外国の部長クラスの出張者向けで月100万、200万といった物件が主でした。ここ2年で急増し、一般の方も手が届く物件も増えてきています」と支配人の川畑さん。ちなみにビュロー品川の家賃は家具付きで月31万8000円(約28平方メートル)から59万7000円(約43平方メートル)だ。

さっそく部屋に案内してもらうと…。居心地良さそうなオーダーメイドのベッドやソファーが置かれ、広々とした窓からは、都心やお台場が! さらに食器洗浄機、洗濯乾燥機、フラットテレビやDVDなど家電もアレコレ充実。家具と家電だけでひと部屋あたり100万~150万かけているそうで、各部屋に湿度コントロール機能も。また、最上階の共有スペースには展望風呂やバーラウンジなどもあり、とても豪華。

これにサービスが加わるわけで…。たとえばコンシェルジュサービスは、クリーニングの取り次ぎやタクシーの手配、来客の取り次ぎなどをしてくれる。さらには、朝食サービスやハウスキーピングなどもあり、本当に至れり尽くせり。非日常を感じられるサービスを楽しみながら、日常生活を送れるってわけだ。しかも…、

「ホテルで同等クラスの部屋に1カ月泊まる場合と比べ、ビュロー品川の家賃は6、7割です。敷金・礼金・仲介手数料はなく、1カ月から契約ができます」(川畑さん)

そういうメリットも考えると、ボーナスを使ってリフレッシュするのもアリかも。
(宮田文郎/アート・サプライ)

※この記事は2012年06月に取材・掲載した記事です

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト