どこを温めれば、手っ取り早く温まる?

冬の冷え性を効率よく改善する方法

2015.01.28 WED


冷え性の人が靴下を履いて眠る場合は、締め付けがきつい靴下だと、血流を妨げてかえって冷えてしまうことも。ゆるめの靴下を履くか、できれば温まるまでじっくりマッサージしたほうが効果的だそう 画像提供/Graphs / PIXTA(ピクスタ)
一年で一番寒いこの季節。服を重ね着しているのに手足が冷え、室内にいても震えが止まらない…なんてことも。とくに手足の末端が冷えていると、布団に入ってもなかなか寝つけませんよね。効率よく温める方法があれば知りたい! 小林メディカルクリニック東京の小林暁子先生に聞いてきました。

「冷えを解消するには、首のつく部位(首、手首、足首)を温めると、手っ取り早く温まるというのは有名ですね。それは、この部分に太い動脈が通っているから。このほかに、わきの下、ヒザの裏、足の付け根も同様です。人の体温は血液の温度で決まるもの。これらの部位を温めると動脈が温まり、温かい血液が体中に運ばれて自然と冷えが治まります。とくに首はとても太い動脈が通っているので、ネックウォーマーやマフラーなどを巻いて首を温めるだけでも、かなり変わりますよ」

ただし、睡眠前の冷え防止で入浴するときは、注意が必要だそう。

「手っ取り早く温まろうと、短時間で熱いお風呂に浸かったあと、すぐに布団に入る方がいますが、これはおすすめできません。熱いお湯のせいで交感神経が優位になり、ストレスを感じているのに近い状態になるため、布団に入っても寝つけずに結局また冷えてしまうことも。ぬるめのお湯にゆっくりと浸かれば、温かい血液を全身に行きわたらせることができ、副交感神経が優位になってリラックスできます。そうすると眠りに就きやすく、結果的に質の良い睡眠を取れるでしょう」

また「ぬるめのお湯でゆっくりと入浴したあとは、手足のマッサージをしておくと、より冷えにくい体作りに効果的ですよ」と小林先生。

「まず手のひらでボディクリームを温め、手足の甲から指先に向けてクリームを伸ばしながら、よくほぐしましょう。そのあと手足の指1本ずつ、付け根から爪先に向けてクリームを伸ばしてマッサージします。最後にすべての指の腹の横を、親指と人差し指でつまんで、軽くプッシュしてください。毎日おこなうことで、冷えにくい体作りに効果的ですよ」

冷えているからといって、靴下を履いて眠るよりも、寝る前に手足のマッサージで血行促進するほうが、冷え性改善には効果的なんだとか。早速、ひんやりしている足をマッサージしてみたところ、最初は冷え切っていた足が少しずつ温まり、健康的なピンク色に! 眠る前、継続したいと思います。

(富永明子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト