若い女性のほうが「男/女らしさ」にこだわり?

女性6割「男は男らしく」を支持

2015.01.28 WED


自分に都合のいい時だけ「らしさ」を求め、都合が悪くなると「らしさ」を否定する。そんな人はいませんか… 画像提供:PIXTA/mr jun
美容やスイーツなど、これまで“女子の領域”とされてきた分野に興味を持つ若い男性が注目を集めている。彼らを「女子力男子」と名づけた本が話題になるなど、旧来の「男/女らしさ」の枠にハマらない人が増えているようだ。一方で、「男は男らしく、女は女らしく」という価値観に基づいて、こうした潮流に冷ややかな目を向ける人も少なくない。はたして今の20代は「男/女らしさ」をどうとらえているのか? 20代社会人200人(男性100人、女性100人)に調査してみた。(調査協力:アイリサーチ)

〈「男らしさ、女らしさ」についてどう思う?〉
「『男らしさ・女らしさ』なんて時代遅れ」派 50%
「男は男らしく、女は女らしいほうがいい」派 50%

全体では意見が真っ二つに割れたものの、男女別で見ると実は正反対の結果に。

●男性の回答
「『男らしさ・女らしさ』なんて時代遅れ」派 58%
「男は男らしく、女は女らしいほうがいい」派 42%

●女性の回答
「『男らしさ・女らしさ』なんて時代遅れ」派 42%
「男は男らしく、女は女らしいほうがいい」派 58%

意外にも(?)女性の方がやや保守的なようだ。それぞれの立場の意見は以下の通り。

●「『男らしさ・女らしさ』なんて時代遅れ」派
「同じ人間に差を付ける理由がないから」(24歳・男性)
「男女平等の時代だから」(29歳・男性)
「性別ではなく『自分』らしさだと思うから」(29歳・男性)
「自分が得するような生き方をすればいいと思います」(21歳・男性)
「男の育児休暇などをもっと浸透させた方がよいと感じる」(26歳・男性)
「らしく、という言葉が苦手。自分のできること、得意なことを活かせばいいと思う」(28歳・女性)
「何においても決めつけはよくないと思う」(27歳・女性)
「お堅い考えが昔気質という時代になってきたから」(24歳女性)

●「男は男らしく、女は女らしいほうがいい」派
「差別は良くないが、人は異性のらしさに魅力を覚えるものであると思うし、極度にらしくないものには若干の違和感を覚える為」(24歳・男性)
「やはり弱い男はかっこ悪いと思う」(25歳・男性)
「男女平等といわれているが実際生活していると平等さを感じないしその性別にしかできない仕事などもあるから」(25歳・男性)
「性別に関する差はどうしても生じてしまうし、男女で得意な分野を分担するべきだと思うから」(27歳・女性)
「そのほうがもてると思う」(27歳・女性)
「強制は良くないが、意識は持っておくべき」(29歳・女性)
「そのほうが、どちらも気持ちよく過ごせるし、女性にとって得なことが多いから」(28歳・女性)
「男女が平等になることと、 それぞれのらしさがなくなるのは別物だと思うから。 男らしさ、女らしさはその方が美しいから求められるのだと思います」(27歳・女性)

ここまでは、俯瞰的な視点でご回答いただいた結果。では、それを自分に当てはめて考えるとどうなるのか? その結果はこちら。

●男性の回答
「男らしくありたい」派 67%
「男らしくありたいとは思わない」派 33%

●女性の回答
「女らしくありたい」派 67%
「女らしくありたいとは思わない」派 33%

先ほどの問いとはうって変わって、こちらは「男/女らしさ」を望む人が3分の2を占める結果に。また男女別で見ても、全く同じ結果となった。一般論として考える場合と、自分事として考える場合で答えが変わるのは当然かもしれないが、もう10年もすると、このバランスも変わってくるんでしょうか…?
(のび@びた)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト