「寝過ぎは短命」「短いと太る」…ホント?

「睡眠」諸説の真相を専門医に直撃

2015.02.19 THU


「実は自分が不眠だということに気付いていない、『かくれ不眠』の人は結構多いです」という古賀先生。気になる方は、「かくれ不眠ラボ 睡眠改善委員会」の「かくれ不眠チェックシート」でチェック!
人間の3大欲求のひとつだけあって、これまでに様々な研究成果が発表されてきた「睡眠」。しかし、「睡眠時間は7時間がベスト」という説もあれば「短眠法」を提唱する識者もいたりと、諸説紛々。どれが正解がわからない。

そこでこの諸説の根拠について、杏林大学医学部精神神経科の教授であり、睡眠の専門家でもある古賀良彦先生に直撃。それぞれの信ぴょう性について○、△、×で答えていただいた。

まずは、「7時間睡眠がベスト説」については「○です」と古賀先生。「それ以下だと注意力が散漫になったり、午前中の行動力が減ったりします」とのこと。では、「睡眠時間が長い人でも短い人でも、7時間睡眠(6.5-7.4時間)の人の寿命が一番長い」という説はどうでしょう?「これも○ですね。アメリカの研究で7時間以上でも以下でも寿命が短いというデータがあります。7時間がベストといって過言ではないです」(古賀先生)。

なるほど。でも、一方では「4時間半」や「3時間」などの短い睡眠時間の有効性を説く識者も少なくありません。

「確かに、『ショートスリーパー』といって短い睡眠でも良い人はいますが、それはせいぜい10人に1人程度です。短眠法を提唱されてる方たちは、本人がたまたまショートスリーパーなのかもしれません」

ということは、短眠法はあまりオススメはできないと?

「先ほどの『7時間ベスト説』からいえば矛盾しますし、やめたほうがいいですね。それに睡眠の周期でいえば、眠りにつくと、まずノンレムが深くなって、1時間半ぐらい寝ると、レムが20分くらい来るわけです。これを一晩に4、5回繰り返す中で、最後のレムが終わったところで目が覚めると割とスッキリ目覚めるんですね。だから、レムが4、5回あることにも意味がある。つまり、7時間寝ないと十分なレムもとれないんです。よって、短眠法は是か非かといわれれば、○ではないですね」

まだまだ聞いてみました。

●睡眠時間が短くなると高血圧や糖尿病といった慢性疾患のリスクが上昇

「これはしっかりした複数のデータがあるので○ですね。日本の某大企業が、社員何千人で調べた結果でも、リスクが証明されてます」

●睡眠不足は血糖値を下げられず肥満傾向に

「睡眠不足になると、『グレリン』という食欲を増すホルモンが出やすくなるので、これも間違いない。○です」

●夜中に目が覚めて(そのまま目が冴えて)眠れないときは、脳の睡眠は足りているので、そのまま起きているほうがよい

「確かに、この説が最近出てますけど、例えば夜中の3時に目が覚めて眠れないからといって、そのまま起きてたら1日のリズムを崩すだけ。それに昼間、必ず眠気がきますから、車を運転する方などは事故を誘発しかねない。眠れなくても布団に入っておくべきだし、むしろ、睡眠薬を飲んででもちゃんと寝てくださいと言いたいですね。よって、×です」

いやー、いろいろ勉強になります! ちなみに古賀先生によれば、サラリーマンが普段の睡眠不足を補おうと日曜日にガッツリ寝だめするのも「リズムが崩れる」ので良くないそう。

「日曜にガッツリ寝たりすると、月曜日はブルーマンデーになってしまいますから、日曜の睡眠は月曜のリズムに合わせるべきなんです。週末2日休める人で、どうしても寝だめせざるを得ない人は金曜の夜か、土曜の夜にたくさん寝るのがいいですね」

とにかく「大事なのは睡眠も含めた1日のリズム」と古賀先生。みなさんもこの機会に自身の睡眠を見直してみては?
(青柳直弥/清談社)

※この記事は2014年2月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト