今の人生に足りないのは愛?お金?

20代男女「愛よりお金」が7割

2015.02.02 MON

世論調査


“お金では買えないものがある”。わかってはいるけど、やっぱりお金は大切!! 画像提供:GeoImages / PIXTA(ピクスタ)
「私と仕事、どっちが大事なの!?」――なんて、カップルのケンカにありがちな台詞だ。恋人はもちろん大切だけど、生活するにはお金も必要。どちらも欠かせない要素だけど、実際のところ、「お金」と「愛情」、どちらが不足していると感じてる? 20代の社会人200人(男女各100人)にアンケート調査した。(調査協力:アイリサーチ)

〈あなたの人生に不足していると思うものは?〉
愛情 31.0%
お金 69.0%

「お金」が、「愛情」を大きく上回る結果に。では、それぞれの立場の意見を紹介しよう。

■「愛情」派の意見
「お金は自分の努力次第でいくらでも入るが、愛情は努力だけでは手に入らないと思うから」(29歳、男性)
「お金は転職などで少しは改善できるが、愛情は手に入れるための具体的対策がないから」(27歳、女性)
「同じくらい大事だが、心は満たされていたいと思うので」(27歳、女性)
「彼がいないから」(25歳、女性)
「付き合ったことが無いから」(29歳、男性)
「お金に困ったことがないから」(27歳、男性)
「お金は必要最低限あればいいから」(27歳、女性)

■「お金」派の意見
「心のゆとりのためにはお金が不可欠だから」(26歳、男性)
「お金がないと愛情を支えることが出来ないから」(29歳、男性)
「お金が足りないと、健康を害しかねないので」(28歳、男性)
「愛はなくなってもお金はきえない」(27歳、女性)
「いくらあっても困らないから」(28歳、男性)
「愛情はもらっているから」(26歳、女性)
「周りの人に、十分愛されていると思う。お金だけはどうにもならないことが多い」(28歳、女性)
「愛は自分の心持次第で感じることができるから満たされてます。相対評価です」(26歳、女性)
「極論、愛情は無くても寂しいが生きていけると思う。金銭が無ければ生活云々ではなく生きていくことが出来ないと思うから」(26歳、男性)
「もっと稼ぐ力をつけたいし、上を目指しているから。そして、もっとお金があればさまざまな選択肢が増え、チャレンジできるものが増えるから」(29歳、男性)

どちらからもうなずける言い分が…。「愛情」派は、お金は努力で増やせると考える人が多く、一方、「お金」派は、お金があれば愛情や様々なものが手に入ると考える傾向にあるようだ。

では「お金」と「名声」なら、どちらを選ぶのだろう。

〈お金と名声、どちらのほうが欲しい?〉
名声はあるけどお金はない 13.0%
名声はないけどお金持ち 87.0%

「名より実」をとる人が圧倒的多数。結果に眉をひそめる“エラい人”もいそうだけど、これが庶民の本音だろう。ある程度お金があれば「名声」が欲しくなるかもしれない。でも、まずは食っていかないといけませんからね…。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト