アタック成功率は50%!20~30代男女200人に調査

大人のバレンタイン告白体験26%

2015.02.07 SAT


こんなシーンに遭遇したいものです… KAORU / Imasia(イメージア)
「今年のバレンタインデーはチョコもらえるかなぁ…」とドキドキした学生時代。社会人になった今では、義理チョコを渡し・渡されて終わり、という人が大半だろう。はたして「バレンタインデーに告白される」なんてファンタジーは、社会人にも起こり得るのだろうか? 「社会人のバレンタイン告白事情」を探るべく、20~30代の男女200人にアンケート調査を実施してみた。

まず、「社会人になってから告白された/したことがあるか」聞いてみたところ、「ある」と答えた人が26.2%という結果に! 大人になってから4人に1人もバレンタイン告白の体験があるとは驚きだ。

ちなみに、同調査で「これまでの人生で、バレンタインデーに告白された/したことはあるか」という質問に対して、「ある」と答えたのは44.4%だった。

そのときのシチュエーションを女子に聞いてみると、

「スーパーで働いていた時に、別の店舗で勤務していた上司を好きになりました。彼がバレンタインデーに運良くうちの店舗にきたので、チョコを渡して告白。OKをもらって付き合うことになりました」(28歳・会社員)

「バレンタイン当日、チョコを持って好きな人の家まで行ったけれど、チャイムを押す直前で緊張がピークに。家のポストにチョコとラブレターを入れて帰りました。付き合えなかったけどいい思い出です」(28歳・会社員)

と、なんとも甘酸っぱいエピソードが…! こんなドラマチックな体験を大人になってからもしているなんて、うらやましい限り!

しかし、大人になると女性も気恥ずかしさから二の足を踏んでしまいそうだが、あえてバレンタインに告白しようと思ったのはなぜなのか? 理由を聞いてみると…

「学生時代は毎日男子と顔を合わせるから、告白に失敗したときつらいし、返事を待つ1カ月が長かった。でも大人になると、会う頻度もそう多くないし、バレンタインデーに告白しても、忙しいから1カ月なんてあっという間に経つから気持ちが楽」(29歳・会社員)

「大人になったら、バレンタインに告白する人は少ないと思う。だから、あえてそこを狙うと成功率が上がると思った」(28歳・会社員)

と、ドキドキする要素が少ない分、学生時代より気楽という回答や、大人の女性ならではの戦略という面も。

一方、予想通り、「バレンタインは、会社で義理チョコを渡す、ただの業務になっている」(30歳・会社員)、「正直、バレンタインは面倒な仕事の1つという感覚」(28歳・会社員)という理由で、「バレンタインには告白しない」という女性も多い。ただ、「大人になるとバレンタイン告白の可能性はゼロ」というわけではなさそうだ。

ちなみに女子に「社会人になってからのバレンタイン告白の成功率」を聞いてみたところ、50.3%と、2人に1人は成功している!

男子諸君、「いまさらバレンタインなんて…」と気を抜くのはもったいない…かも?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト