社会人になって告白経験アリの女性は16.5%

バレンタイン告白 成功率は45%

2015.02.07 SAT


大人になったいまとなっては、学生時代のようなドキドキ感は湧き上がってこないかもだけど…片思いのあの人に思いを伝えてみては? 画像提供:リチャード/Imasia(イメージア)
もうすぐバレンタインデー! しかし、近年は「友チョコ」や自分への「ご褒美チョコ」などがメジャーになりつつあり、「バレンタインデー=好きな人への告白」という図式は若干薄れ気味…。

そもそも、バレンタインデーに告白する女性はどれくらいいるの? 20~30代の社会人女性222人に「バレンタインデーの告白事情」を調査してみた(協力/ファストアスク)。

「これまでの人生で、バレンタインデーに告白したことがあるか」という質問に対して、「ある」と答えた女性は32.9%(73人)。そのうち、「付き合うことになった」女性は45.2%。思い切って告白した女性に限っていえば、半数近くが彼氏をゲットした経験があるようだ。

告白時の思い出深いエピソードをピックアップしてみよう。

「中学生の時に好きだった男の子に、チョコレートを渡しに家まで行きました。普段はお互いにふざけ合ったり冗談を言い合ったりする仲で、異性というよりは同性のような感じで日々を過ごしていたのに、この時ばかりはお互いに意識をしてしまい、何ともいえない空気に。普段と違う自分に恥ずかしさを感じたのか2人で大笑い。その時はそれで終わりましたが、ホワイトデーの時に同じような空気になりましたが、告白をしてくれました。人生の中で、一番心臓がドキドキした甘酸っぱい想い出です」(36歳)

「高校生のとき、自転車置き場で待ち伏せしました。待っているうちに恥ずかしくなり、自転車のかごに入れて遠くで隠れてみていたら、本人が来て違う自転車に乗って帰ってしまった…。自転車を間違えたんですね。一緒に隠れていた友達と爆笑し、そのままやけ食い」(29歳)

このほか、告白に至らなくても、それがきっかけで新しい恋が生まれたなんてエピソードも…!

「バレンタインに告白しようと思って買ったチョコを渡せず日にちが経ってしまい、その話を仲良しの男子にしたら、『俺がもらってやるよ』といわれて渋々渡すことに。でも、その優しさが後になって心に響いて、その子を好きになった」(36歳)

ちなみに、今回挙げてもらったエピソードの多くが学生時代の思い出だった。ということは、社会人になってからバレンタインデーに告白する人は少ないのだろうか…。

そこで告白経験のある女性73人に、「社会人になってからバレンタインデーにチョコを渡して告白した経験があるか?」を尋ねてみると、奇しくも先ほど同じく45.2%が「ある」と回答。つまり、今回調査した222人の女性のうち、16.5%が社会人になってから「バレンタイン告白」経験があるということになる。社会人男性諸君、バレンタインデーに告白されるチャンスはまだあるかも…!?
(南澤悠佳/ノオト)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト