おねだりもアリ!? スイーツ専門家が選ぶ注目ショコラブランド

一度は食べたい最先端チョコ5選

2015.02.09 MON


ヴェストリのすくって食べるチョコ『アンティーカ・ジャンドゥイア』。目新しさはもちろん、トスカーナの青空をイメージしたというパッケージもスタイリッシュで、プレゼントにはもってこいだ ※写真はスクリーンショットです。
バレンタインに向け、今年もチョコレート商戦が熱い。この時期は毎年、百貨店などでもフェアが開催され、専門店や海外ブランドの限定品、トレンドをふまえた最新のチョコレートが登場する。そこで、スイーツジャーナリストの平岩理緒さんに、今年注目のショコラブランドから男性におすすめのチョコレートをピックアップしてもらった。

■カカオ豆からチョコまでの過程を味わえる
アルチザン パレ ド オール『ビーン トゥ バー トゥ ボンボン ボックス”』(1620円)
「今年はお店がカカオ豆の焙煎から行うBean to bar(ビーン トゥ バー)というチョコレートが流行しています。そんなトレンドをひとつの箱で表現したのが『アルチザン パレ ド オール』の『ビーン トゥ バー トゥ ボンボン ボックス』。東京では青山店限定のこちらの商品は、カカオ豆とスナックカカオ、タブレット(板チョコ)、ボンボンショコラ(粒チョコ)の詰め合わせになっていて、焙煎したカカオ豆がボンボンショコラになるまでを体験できるというユニークなセットです。カカオ豆の個性的な香りや味わいを、存分に体感できます」(平岩さん・以下同)

■日本初上陸!オランダの名店チョコタブレットを食べ比べ
オリジナルビーンズ『ミニバーコレクション』(1080円)
「2月14日まで松屋銀座1階で開催されている『バレンタイン・パティオ』には、今年タブレット(板チョコ)専門の売り場が登場し、様々なブランドがずらり。デザインもクールなものが多いので、男性が自分用に購入しやすいと思います。なかでも、おもしろいのが今年日本初登場となる『オリジナルビーンズ』。オランダのショコラブランドで、カカオ豆の選別からチョコレートになるまでの全行程を自社で手がけています。様々なエリアのレアなカカオ豆を使ったチョコレートを食べ比べることができる『ミニバーコレクション』がおすすめです」

■コショウの効いたスパイシーなチョコが名物
アケッソンズ『マダガスカル アンボリカピキィプランテーション トリニタリオ75%&ブラックペッパー』(1296円)
「こちらも松屋銀座の『バレンタイン・パティオ』で販売中。アフリカ・マダガスカル島産のカカオ豆を使った、3種類のタブレットを購入できます。この土地のカカオ豆は、ベリーのような赤いフルーツ類を思わせる酸味があるのが特徴。『シングルプランテーション』、つまり単一の農場に限定し、さらに『クリオロ』という希少品種カカオを100%使ったタブレットや、同じマダガスカル産の爽やかな香りの胡椒などを合わせたペッパーシリーズの食べ比べができます。ブラックペッパーの効いた『マダガスカル アンボリカピキィプランテーション トリニタリオ75%&ブラックペッパー』をはじめ、ピンクペッパー入り、ヴォティペリフェリペッパー入りなどもあります」

■注目産地のカカオ豆を使ったチョコはスタイリッシュデザイン
マルゥ『ウォールペーパー・コラボ80%』(1069円)
「ベトナム産カカオを使用したタブレットのブランド。カカオの産地は中南米とアフリカがよく知られていますが、最近は第三の産地として、東南アジアが注目されています。こちらは2月14日まで全国の東急ハンズで販売中。パッケージのデザインもかっこよく、男性におすすめです。世界的なクリエーター向け雑誌との限定コラボパッケージ『ウォールペーパー・コラボ80%』は、高いカカオ度数で甘みが少なく非常に強い香りが特徴。ブランデーやウイスキーによく合います」(同)

■スプーンですくって食べる新感覚チョコ
ヴェストリ『アンティーカ・ジャンドゥイア・ミニ2』(2808円)
「イタリアのチョコレートブランドです。スプーンですくって食べるスタイルがユニークな看板商品『アンティーカ・ジャンドゥイア』シリーズは、ヘーゼルナッツが練り込まれたジャンドゥイアのミルクチョコレートタイプが一番人気。今年はそのミニサイズが登場し、話題となっています。なかでもおすすめは、ミルクチョコレートの『フィオレンティーナ』と、ピスタチオで仕上げた『ピスタッキオ』のセット『アンティーカ・ジャンドゥイア・ミニ2』。三越銀座の店舗では、イタリアのカトラリーブランド『アレッシィ』とコラボしたスプーンセットも、限定の赤箱パッケージで登場しています」


いずれも個性豊かなチョコレートたち。もし、もらえるアテがなければ自ら購入してでも味わいたい。そんな逸品ぞろいだ。

(榎並紀行/やじろべえ)

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト