浮気しても罪悪感はあまりなし!? 責めると逆ギレされるかも

「女の浮気は男のせい」女の浮気観

2015.02.17 TUE


現代女性は、金銭トラブルより浮気で揉める男性を好まないとのデータあり。お金にうるさい男よりも、嫉妬深い男の方が嫌われる?
はた目には仲睦まじく見える夫婦やカップルでも、まったくケンカをしない男女なんて滅多にいないはず。男子たるもの女性には寛容でありたいと思うものの、2人の仲が近ければ近いほど、頭にきてしまうこともある。とくに、相手に非がある場合はなおさらだ。

「時にはケンカをしてでもお互いの言い分をぶつけ合うことは大切ですが、下手に相手を責めると、その内容によっては逆ギレされることもあるので注意して下さいね。スペインにあるサラマンカ大学の心理学者アナ・デルガド氏の発表によれば、女性は浮気を責める男性のことをよく思わない、というデータがあるんですよ」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。デルガド氏は多くの女性を被験者として集め、「彼女に浮気をされて怒っている男性」と「彼女に自分のお金を使い込まれて怒っている男性」、2つのケースを用いてイメージ調査を行った。すると、圧倒的な大差で前者の男性の方が心証を悪化させることが判明したという。

「このデータから推測できるのは、女性は他人のお金を勝手に使い込めば怒られても当然と考えているのに比べ、浮気については罪悪感が希薄であるということです。少なくとも、“浮気される男性にも非がある”と考えているからこそ、それをとがめる男性の印象が悪くなるのではないでしょうか」

いくら相手に非があったとしても、嫉妬に駆られて頭ごなしに怒ったところで得るものはない。怒れば怒るほど、自分の印象が悪くなるだけなのだ。

場合によっては、他の女性からの評価も落としかねないので、上手に感情をコントロールするのが吉!?
(友清 哲)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト