「最強シェービング」短期集中講座

要注意!これがヒゲ剃り3大お悩みだ

2015.03.05 THU

「最強シェービング」短期集中講座


多くのビジネスマンたちの悩み…それはシェービングによる肌のダメージだった! 7割以上が肌アレを経験しているのだ。

肌ダメージ、剃り残し、時間がかかる…どう解消する?



R25世代(25~34歳)のビジネスマンたちに、毎日のシェービングにおける悩みや不満にまつわるアンケート調査を実施。日頃やり慣れていることだけに悩みも少ないのでは? と思っていたら、多くの人が抱える「3大お悩みポイント」が明らかになった!

まず「シェービングで肌がガサガサ・ヒリヒリしたことはあるか?」を聞いてみたところ(※1)、なんと75%が「ある」と回答。このうち「いつも(そうなる)」が12%、「よくある」が25%と、4割近くを占める結果に。「大切な日に限って(シェービング時に)肌がガサガサになる」(東京都・30歳)、「もともと乾燥肌なのもあって、剃った後は皮膚が白くなってポロポロと剥けてしまう」(京都府・30歳)、「しっかり剃ろうと思って時間をかけてそったら真っ赤になってしまい、仕事に悪影響がでた」(大阪府・30歳)などの失敗談も。やはりこの「肌ダメージ」は、仕事にも影響を及ぼす大きな悩みポイントのようだ。

続いては「剃り残し」について調査。「今のシェービング方法で、剃り残しをすることがあるか?」という問い(※1)には、「ほぼいつも剃り残す」(14%)、「よく剃り残す」(25%)、「たまに剃り残す」(47%)との回答が! なんと約9割ものビジネスマンが剃り残しに苦戦していることが分かった。日々シェービングをしていても、なかなか改善できない、根強い悩みであることが分かる。こちらもビジネスへの影響も大きいようで、「一本だけピンと残ってしまって会議中に気になって集中できなかった」(京都府・30歳)、「同僚からそり残しを指摘された…」(北海道・30歳)などの、ちょっと残念な実体験も。ビシッとプレゼンを決めたつもりでも、1本の剃り残しで印象ダウン…なんてこともあり得るので、この悩みもなんとしても解消したいところだ。

最後に、これまでの2つ同様、ビジネスマンたちのお悩み度が大きかったのが、シェービングの「時間がかかる」という点。「シェービングにかかる時間を短縮したいと思うか?」と聞いてみたところ(※2)、「もっと短縮したい」という回答が約8割(76%)となった。そりゃ、朝は少しでも長く寝ていたいもの。これは納得の結果だ。

くまなくしっかりと剃りたいけれど、肌にはできるだけやさしい方がいいし、しかも短い時間でサクッと剃りたい…そんなワガママなシェービングへの要望を叶えるには?

実は全てのワガママをバッチリとフォローしてくれる電気シェーバーがあるのだ! フィリップスの回転式シェーバーなら、3つの円形ヘッドを肌にあて、円を描くようにしながら剃るので、広い範囲を一気に剃ることができて、あらゆる方向に生えたヒゲをキャッチできるので剃り残しなし。その上、ヘッドの接地面が広いため少ないストローク(=肌をこする動き)で剃れるので、肌ダメージの不安もなし。さらに、3つのヘッドがそれぞれ独立して可動するので、凹凸の多い顔の面(特にアゴ下など)にぴったりと密着し、剃り残しのない深剃りを実現。

ハイスペックの9000シリーズをはじめ、お好みの機能、価格などで選べるよう、様々なラインナップが揃っているので、詳しい機能紹介とともにぜひホームページでチェックしてみよう。

※ 全国の25~34歳の男性会社員100人へのインターネットアンケート調査結果/※1 2015年1月実施・※2 2014年1月実施)
  • フィリップスの回転式シェーバーの中でもハイスペックを誇る9000シリーズ(写真は「S9151/12」)。その機能性の高さはもちろん、デザインも男ゴコロをくすぐる!

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト