女心がわかる!? ホンネの恋愛事情

寂し過ぎてやってしまった“おかしな行動”

2015.02.20 FRI


寂し過ぎて、耐えられない… 画像提供/セキララ★ゼクシィ
「彼氏もいない…ひとりって寂しい」と思い続けてふと気付いたら、寂しさを紛らわせるために“おかしな行動”をしていた…なんてことありませんか?セキララ★ゼクシィの調査では、20~30代女性の41%が「ある」と答えました。“おかしな行動”っていったい何…!?思わず赤面してしまいそうな(笑)、皆さんの勇気ある告白をご紹介します!

<現実逃避へダッシュ>
●「1人カラオケのくせに彼と一緒に来てる設定で、かわいいこぶってラブソングばかり歌う…」(29歳)
●「学生のころ、ありえないくらいバイトを入れていた。3つ掛け持ちをして、朝から夜中まで働いていた。今考えるとありえない」(25歳)
●「ほぼ毎日母に電話。衝動買い」(30歳)

<さあ、妄想の世界へ…>
●「ジャニーズにハマりまくり、上司や彼が◯◯君だったら…と妄想した日々がある」(28歳)
●「次に電車で向かいに座った人が運命の人だと決める(けど決まらず)」(29歳)
●「ドラマを見て、鏡の前で妄想してセリフを言ってしまったこと」(32歳)

<二次元はいつでも優しい>
●「恋愛シミュレーションゲームにハマり、一時期3つ掛け持ちしてそれぞれに課金していた。朝起きて真っ先にゲーム、会社から急いで帰ってゲーム…とゲーム漬けの日々」(31歳)
●「アニメ&ゲームのキャラに夢中になっていた。同じような仲間と動画を見たりして楽しんでいた」(25歳)
●「本当に恥ずかしい話ですが、恋愛ドラマ系の携帯ゲームに有料登録し、架空の彼氏をつくり、疑似恋愛をしてしまいました…笑」(28歳)

<これは誰にも見せられない…>
●「定番ですが、鏡に向かってちゅー」(28歳)
●「クマの縫いぐるみに、ひたすら愚痴を聞いてもらった」(30歳)
●「ひたすらひとり言(思い出等)を話していた」(27歳)

寂しさに負けまいとする皆さんのけなげな様子が、ひしひしと伝わってきます…!

ちなみに、“おかしな行動”から卒業できたきっかけNo.1は、やはり「彼ができたから」(48%)でした。彼のいない寂しさにつける薬は、やはり新たな彼の存在なんですね。寂しさのあまりしてしまった“おかしな行動”を、笑い話にして彼に話す?話さない?…そんなことも次回は皆さんに聞いてみたくなりました。


記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト