20~30代男性200人が選んだ至福のひと時TOP10

会社員の癒しの瞬間1位「寝る時」

2015.02.25 WED

世論調査


妻がらみの2設問で「癒しを感じる」と回答しなかった人は、妻からは情熱だとか、刺激だとか別のものを感じているからということにしておきましょう。家を癒しの空間にしておくために… 画像提供:すなべしょう/Imasia
たとえ狭く、散らかっていたとしても自分の家は癒しの空間。仕事で疲れた体を引きずってたどり着けば、思わずふーっと一息もれるもの。では実際のところ、皆さんは、家でどんな瞬間に一番の“癒し”を感じているのでしょう? 20~30代の既婚男性社会人(子供なし)200人に聞いてみました。

〈家で癒しを感じる瞬間TOP10〉
(3位まで回答。1位は3pt、2位は2pt、3位は1ptで集計。協力/アイ・リサーチ)

1位 ベッド、布団にもぐりこんだとき 185pt
2位 バスタイム 134 pt
3位 妻の手作りご飯を食べたとき 126pt
4位 休日のコーヒー・ティータイム 110 pt
5位 妻となごやかに会話しているとき 98 pt
6位 趣味に没頭しているとき 96 pt
7位 休日前の夜、家で一息ついたとき 79 pt
8位 夜寝る前に飲む一杯(晩酌) 78 pt
9位 ごろごろしながらテレビや漫画を見ているとき 71 pt
10位 朝、ベッド(寝床)でまどろんでいるとき 67 pt

疲れを癒すための行動が1位、2位。寝るのが一番、とは身も蓋もない感じもしますが、皆さんやっぱり身も心もお疲れなんですね。ちなみに、男性のなかには「一人になりたい…」というタイプも少なからずいるかと思いきや、癒しの瞬間が「妻が家にいないとき(家で一人になれたとき)」という回答は12位(37pt)にとどまりました。

では、それぞれの回答に寄せられたコメントの一部を紹介しましょう。

1位●ベッド、布団にもぐりこんだとき
「1日の疲れが取れるという安堵感と、特に冬場は暖かさから幸せな気分になる」(34歳)
「暖かさと布団の重みが心地よく感じるので」(34歳)
「寝入る直前の時間が、何も考えずに癒やされる」(38歳)
「完全にオフになるから」(34歳)
「体を伸ばし心からリラックス出来るからです」(35歳)

2位●バスタイム
「唯一、一人になれる瞬間だから」(30歳)
「浴室で何も考えずにボーっとできるから」(29歳)
「寝る準備になるから」(27歳)

3位●妻の手作りご飯を食べたとき
「明日もがんばろうという気持ちになるから」(31歳)
「おなかを空かして帰るので、ご飯を食べているときが幸せだから」(32歳)
「妻の料理は最高においしいから、疲れが取れるので」(39歳)

4位●休日のコーヒー・ティータイム
「好きな本と音楽でリラックスできるから」(35歳)
「温かいコーヒーとお菓子を食べていると幸せ」(35歳)
「一番ほっとする」(33歳)

5位●妻となごやかに会話しているとき
「ほかにあるわけないでしょ」(38歳)
「普通の時間ってことを実感できるから」(36歳)
「妻との会話で癒されるため」(27歳)

6位●趣味に没頭しているとき
「自分の時間という感じが好き」(31歳)

7位●休日前の夜、家で一息ついたとき
「明日早く起きなくていいので癒される同時にわくわく楽しいです」(27歳)

8位●夜寝る前に飲む一杯(晩酌)
「お酒の力も借りて何も考えなくてよい時間だから」(31歳)

9位●ごろごろしながらテレビや漫画を見ているとき
「ゆっくりできる余裕があることが幸せ」(30歳)

10位●朝、ベッド(寝床)でまどろんでいるとき
「単純に気持ちいい」(29歳)

「ほかにあるわけがない」――5位の「妻となごやかに会話しているとき」にあった男前回答に思わず胸キュン。既婚、未婚を問わずこんなコメントができる人をうらやましいと思う男性読者は多いのではないでしょうか…。
(のび@びた~既婚者)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト