コンビニ、ギャンブル、ネット通販…誘惑TOP10

男の「やめたいムダ遣い」1位は?

2015.03.15 SUN


普段の何気ない習慣がムダ遣いだった場合、改善するのはなかなか難しそう… イラスト/前田はんきち
結婚など人生の一大イベントがあったり、車や家など大きな買い物をする機会も出てきたりする30オトコ。貯金はぜひともしておきたいところだが、「お金がなかなか貯められない」「ムダ遣いしてしまう」とお悩みの人も多いのでは? そこで、20~30代男性社会人200人に、「やめたいムダ遣い」についてアンケート調査を実施した。

〈ついやってしまうけど、やめたいムダ遣いTOP10〉
(上位3つまで選択。1位3pt、2位2pt、3位1ptとして集計)
1位 水筒などを活用せず、缶飲料やペットボトル飲料を買ってしまう 177pt
2位 仕事帰りにコンビニに立ち寄り、なんとなくお菓子やつまみを買ってしまう 160pt
3位 もっと安いスーパーがあるのに、ついコンビニで買い物してしまう 131pt
4位 ビニール傘を買っては失くし、頻繁に買ってしまう 106pt
5位 ネット通販などを利用していると、思わず「ついで買い」をしてしまう 79pt
6位 つい見栄を張って後輩に飲み代、食事代をおごってしまう 67pt
7位 考えれば負けるとわかっていても、ついギャンブルに手を出してしまう 58pt
8位 つい見栄を張って彼女にデート代をおごってしまう 42pt
9 位 ATM手数料のかかる時間帯にお金をおろす 40pt
9位 足りているとわかりつつ、新しい洋服や靴を買ってしまう 40pt

上位には「コンビニ関連」の項目が目立つ。コツコツと(?)浪費を重ねてしまう人が多いよう。5位の「ネット通販ついで買い」も然りだが、便利なサービスに身をゆだねていると、自然とムダ遣いしてしまうということか。諸刃の剣である。「会社帰りにコンビニに寄るのは週2回まで」など、自分の中でルールを決めておくといいだろう。

ちなみに、20代単身世帯の貯金額を調べてみると、平均は147万円。意外な高額だが、貯蓄額の分布で見ると7割近くが「平均以下」という結果に。中央値は10 万円で、「貯蓄なし」も約5割に迫っている(※金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査(平成26年)」より)。

やはり、一部を除き、なかなか貯められないのが現実のようだ…。
(榎並紀行/やじろべえ +R25編集部)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト