4人に3人には「便座」に直接座れるけど…

職場トイレの温水洗浄は嫌 5割超

2015.03.13 FRI

世論調査


便座に直接座ると答えた人の中には、「いつも、清掃業者が綺麗にしているから」(30歳・男性)など、職場トイレの清潔さを信頼する声も
自宅はもちろんのこと、職場でもお世話になる「トイレ」。 ただ、自宅以外の便器では、「洗浄機能」や「便座」などの利用に抵抗を感じる人も少なくないようだ。そこで、職場のトイレとの付き合い方について20~30代の社会人200人(男女各100人)にアンケート調査してみた(調査協力:アイ・リサーチ)。

1.〈職場のトイレで「温水洗浄機能」を使うことに抵抗ある?〉
・「ある(使わない)」派 53.5%
・「ない(使う)」派 46.5%

若干だが「使わない」派が多数…と思いきや、実は男女差がかなり大きいことがわかった。

男性…「ある(使わない)」派44.0%、「ない(使う)」派56.0%
女性…「ある(使わない)」派63.0%、「ない(使う)」派37.0%

男性は「使う」派が過半数に上るものの、女性は3人に2人が「使わない」と回答。肌に触れるものだけに、洗浄水の清潔さを気にする女性が多いのだろうか…?

一方、肌が触れるという意味では「便座」に“直に”座るか否かも、その人の潔癖さによって意見が分かれるところ。こちらについても尋ねてみると、以下のような結果になった。

2.〈職場の洋式トイレを使う場合、便座シートやトイレットペーパーなどを敷いて座る?〉
・「気にせず直接座る」派 73.5%
・「トイレットペーパーを間に敷く」派 26.5%

「温水洗浄機能」への抵抗感を考えるとやや意外な気もするが、こちらはほぼ4人に3人が「気にせず直接座る」派だった。それぞれのコメントをご紹介しよう。

■「気にせず直接座る」派の意見
「いちいち面倒だから」(31歳・男性)
「そこまで潔癖症ではないから」(29歳・女性)
「神経質になりすぎると何もできなくなってしまうから」(32歳・男性)
「どうせ夜にはお風呂に入るから気にしない」(39歳・男性)
「そこまで気にしていたら何も出来ないから」(32歳・女性)
「目で見て汚れているのがわかるレベルでない限り敷く意味を感じないから」(26歳・男性)

■「トイレットペーパーを間に敷く」派の意見
「ウイルス感染の予防のため」(32歳・女性)
「直前に、どんな人が使ったか気になるので」(39歳・男性)
「だれかどんなふうに菌をばらまいているかわからないから」(39歳・女性)
「他人の座ったところに直接座るのは気が引ける」(39歳・女性)
「誰が使ったかわからないから汚い」(29歳・女性)
「雑菌が繁殖していそうだから」(36歳・男性)

ちなみに、こちらは男女ともに「気にせず座る」派が多かった。ただし、その前提にあるのは、「職場のトイレがそれなりに清潔である」ということだろう。4人に3人が便座に「直接座る」日本の職場のトイレは、逆にいえば、それだけ清潔ということかも。さて、皆さんのトイレとの付き合い方はいかがだろうか?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト