振った缶ビールの泡が鎮まる魔法?

缶ビールの暴発を防ぐおまじない?

2015.03.18 WED



軽くデコピンするように、側面をまんべなく弾くだけ。ちょっとした魔法のように見えるので、花見やBBQで使うとウケるかも?
自動販売機で買ったばかり(落下してすぐ)の缶ビールや、うっかり地面に落としてしまった缶ビールのフタを開けて、泡まみれになった経験はないだろうか?

今回紹介するのは、衝撃を与えた缶ビールの泡を鎮めるテクニック。方法は、缶を回しながら、側面を軽く指でまんべんなく弾くだけ。なんと、これだけで泡の暴発がかなり鎮められるのだ。

まずは、泡が噴き出してしまう原理を説明しよう。缶ビールに衝撃を加えると、ビールの中に溶け込んでいた炭酸ガスの一部が気体に戻り、缶の内側に泡となって付着し、缶内の圧力が高まる。その状態でフタを開けてしまうと、缶内の圧力が一気に下がり、炭酸ガスの気泡が膨張して、泡が飛び出してしまうのだ。

問題は缶の内側に付着した炭酸ガスの泡。そこで、缶の外側を指で弾くことによって、内側についた気泡をはがして、上部に集めれば、あとはフタを開けてもガスが抜けるだけで済むというわけだ。

うっかり衝撃を与えてしまったビールをすぐに飲みたいときは、試してみてはいかがだろう?

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト