外食のメニューはすぐ決まる?

「好きなものは最後」派女子6割超

2015.03.19 THU

世論調査


今回の調査では、メニューがなかなか決まらないのは女性の方が多かった。もし自分がすぐに決まっても、気長に彼女を待ってあげることが大切!?
デートで一緒にご飯を食べると、意外な一面が見えるもの。普段はハキハキした性格の彼女が、メニュー選びに悩み思いのほか時間をかけていたり、おしとやかなタイプかと思いきやショートケーキのいちごをまっさきにたいらげていたり…。そんなメニューの選び方や、食べ方でも人の性格が出るもの。そこで、「外食」のシーンでどんな行動を取っているのか20~30代の社会人200人(男女各100人)にアンケート調査してみた(調査協力:アイ・リサーチ)。

1.〈メニューを決める際、普段の行動に近いものはどっち?〉
・「すぐ決められる」派 50.5%
・「優柔不断でなかなか決まらない」派 49.5%

ほぼ真っ二つに分かれる結果となったが、男女差を見ると、意外な傾向が見えてきた。

男性…「すぐ決められる」派60.0%、「優柔不断でなかなか決まらない」派40.0%
女性…「すぐ決められる」派41.0%、「優柔不断でなかなか決まらない」派59.0%

男性の方が優柔不断かと思いきや、6割がスパッと決めていて、逆に女性の方が優柔不断でなかなか決まらない人が多かった。それぞれのコメントを見ていこう。

■「すぐ決められる」派の意見
「自分の好きなものがぶれないから」(36歳・男性)
「外食時には好きな物しか食べないから」(37歳・男性)
「お店に入るときにだいたい何を食べようか考えながら入る」(34歳・男性)
「おいしそうだと思ったのを直感で」(39歳・女性)
「決める時はいつも直感なので、あまり悩む事がない」(38歳・女性)
「悩む時間がもったいない」(27歳・女性)

■「優柔不断でなかなか決まらない」派の意見
「様々なメニューから最適なものを選びたいのでどうしても時間がかかってしまう」(25歳・男性)
「コストパフォーマンスのよい物を選ぼうとするから」(30歳・男性)
「物事を慎重に判断するから、優柔不断のようになる」(35歳・男性)
「メニューが多く、どれも写真がおいしそうに見えてしまうので迷ってしまう」(34歳・女性)
「迷って決められなく、結局人と同じものを頼んでしまう」(32歳・女性)
「いつもとは違うの食べようか、いつもの食べようか迷う」(31歳・女性)

どちらの意見ももっともなものばかりなので、共感できるコメントも多いはず。ただ、スパッと決めるにせよ、迷いに迷って決めるにせよ、出てきた食事のなかにある「好きな食べ物」への反応は人それぞれ性格が出るもの。こちらについても尋ねてみると、以下のような結果になった。

2.〈食事のなかに好きなものがあるときの行動はどっち?〉
・「最初に食べる」派 42.5%
・「最後までとっておく」派 57.5%

こちらの質問は「最後までとっておく」派がリード。男性はほぼ半々(「最初に食べる」派49.0%、「最後までとっておく」派51.0%)だったが、女性は「最初に食べる」派36.0%、「最後までとっておく」派64.0%と、「最後」派が6割を超えた。食事はゆっくりと楽しみたいと思っている女性が多いのかも? あなたはどんな外食をしているだろうか。

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト