40代のアク抜きダイエットテク

「柔術ダイエット」は男の護身術にも最適!?

2015.04.05 SUN


40代のアク抜きダイエットテク/「柔術ダイエット」は男の護身術にも最適!?
総合格闘技ブームの頃から脚光を浴びている「柔術(ブラジリアン柔術)」。打撃が無く、組技・寝技のみの競技なので、初心者でもはじめやすく、格闘技の奥深さも味わえるということで、全国的にも教室が増えているという。柔術は体の大きさや力を必要としないので、特に40代男性護身術としても人気が高いほか、ダイエットの効果も期待できるという。柔術の基本的な解説と、その健康への影響を実際に40代男性が多く学んでいる柔術アカデミーのインストラクターにお話を聞いた。

■■今回のアドバイザー
トライフォース柔術アカデミー
インストラクター 新明佑介さん

格闘家を志ざし、96年に正道会館に入門。『グラップラー刃牙』のキャラクターのモデルでもある平直行から柔術の指導を受ける。02年にブラジルに渡って柔術を学び、世界選手権にも出場。現在はトライフォース柔術アカデミーのゼネラルマネージャーとしてクラス指導および道場マネージメントを担当している。

■柔術はいくつになってからでも始められるスポーツ

新明さん「柔術とは、もともと日本の柔道がブラジルに伝えられ、独自に発展していった格闘技です。15年ほど前の総合格闘技ブームの頃に『グレイシー柔術』が注目され、日本でも広く知られるようになりました。

競技としての柔術は、パンチやキックなどの打撃が無く、間接技や絞め技で極めて一本を取るか、ポイントで勝敗が決まるスポーツです。パワーや体格を必要としないので、スポーツ歴の無い方や、年齢の高い方もたくさん学んでいます。私たちのアカデミーでは、60代の方もたくさんいらっしゃいますね。大会では年齢別、体重別に細かくクラスが別れていますので、40代や50代でもチャンピオンになれるんですよ。

当アカデミーで学んでいる方は、サラリーマンや、弁護士、歯科医、経営者など、本当に様々な経歴の方々。みなさんの目的は、体力作りやダイエットなどが多いですが、柔術は護身術としても非常に優れています。相手のカラダをコントロールして制圧するという技術や知識、そしてあらゆる局面に対処できる精神を磨くことは、いざという時に必ず役に立つと思います」


■柔術は無理なく「体幹」が鍛えられる

新明さん「柔術は、相手のガードを崩してスキを見つけて、技を仕掛けていきます。カラダの動きやバランスを強く意識した動きを繰り返すので、いわゆる『体幹』が鍛えられますね。ジムワークでは鍛えにくい背筋や、インナーマッスルも刺激するので、代謝が上がり、結果的にダイエットにつながる方もたくさんいます。特に40代以降の方は、心肺に負担なくバランスよく全身が鍛えられますし、柔軟性も増すと思いますよ。

それに柔術は攻めと守りを瞬時の判断で展開していくという、チェスや将棋のような側面もあるので、頭が良くないと勝てないんです(笑)。すべての動きが奥深い攻防で成り立っているので、知的な格闘技ともいえますね」


■最後にアドバイザーからひと言

「40代から格闘技を始めるなら柔術は本当におすすめです。体も心も鍛えられますよ!」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト