充電ケーブルのごちゃごちゃはこれで解消

愛機を充電してくれる“聖域”

2015.04.13 MON


カラー:ホワイト、ブラック サイズ:231×231×53.5mm(W×H×D) 製品重量:1131g
スマホ、タブレット、そしてバッテリーetc。便利なデジタルデバイス仲間が増えるたびに、コンセントまわりは充電ケーブルでごちゃごちゃとしてくるのが困りもの。それに、差込口が足りずに部屋のあちこちで充電していると、出かけるときに忘れるということも起こりがちですよね。

そんな充電のごちゃごちゃ問題を解決するために、デジタルデバイスをスッキリ充電、収納できる“聖域(サンクチュアリ)”を用意してみてはいかがでしょうか。

紹介するのはその名も『Sanctuary(サンクチュアリ) 4』。4つまでのUSB機器を充電し、ごちゃごちゃとしたケーブルは、4つのUSBポートを配置したボックス内に隠し、スマホはボックスの上のトレイに置いて充電する…。単純な解決法を用いた商品ではありますが、効果はてきめんです。

さらに細かい配慮にも注目したいところ。トレイはラバー仕上げにすることで、滑り止めとデバイス保護に配慮。ホコリが付いてもふき取りやすくなっています。さらに、タブレットを立てかけるためのスタンドは自由な角度に調整が可能。時計やカレンダー、写真を表示させるのもいいでしょう。

ボックスの側面は鏡面仕上げで、底部に大きな滑り止めを配置することで、デバイスの取り付け、取り外しの際に本体がずれることを防いでいます。

もちろん、“聖域”とはいえスマホさんたちに、充電休憩をゆったりとられては困るわけですがそこに抜かりはありません。4000mAの出力があるので、複数のデバイスをつないでも同時に急速充電が可能となっています。

一日使い倒した、愛着のあるスマホ、タブレットにはこんな休息の場所を用意してあげてはいかがでしょうか?
(のび@びた)

※この記事は2014年4月に取材・掲載した記事です

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト