外国人の彼氏・彼女が欲しい…なんて思ったことない?

「金髪美女」を口説き落とす難易度

2015.04.08 WED


ababaka / Imasia(イメージア)
彫りの深い顔立ち、長い手足、そしてスマートな物腰…ハリウッド映画を観ていて、外国人の俳優に思わずうっとりしてしまうことが、男女を問わずあるのではないか。

日本には外国人コンプレックスという言葉があるが、たしかに「あんな金髪美女が恋人だったら…」と夢想したことがある人も多いだろう。世はグローバリゼーション真っただ中でもあるし、ここはひとつ頑張ってみようか!?

「国籍を越えた恋愛も今や珍しいことではありませんが、それでも男性が外国人の彼女を作るのは、少し難易度が高いかもしれません。心理学的なデータをひもとけば、むしろ女性が外国人の彼氏作りを目指す方が、可能性は高いといえます」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。これはいったいどういう意味だろう?

「米ジョージアサザン大学の心理学者ウィリアム・マッキントッシュ氏が、次のような調査を行っているんです。マッキントッシュ氏はアメリカの大手お見合いサイトの登録者から、400名のプロフィールをランダムに抽出し、“どのようなタイプの異性を求めているのか”を分析しました。その結果、男性が自分とは異なる人種への憧れが強いのに比べて、女性は同人種を好む傾向が明らかになったそうです。人種のるつぼといわれるアメリカのデータだけに、被験者の人種も様々ですが、少なくとも男性の方が日本人を含めた他人種との恋愛にオープンであるということはいえるのではないでしょうか」

つまり、ハリウッド映画に出てくるような美男子は日本人女性に興味を示すかもしれないが、美女の方は同じ人種の男性を好む傾向が強い、というちょっと残念な結果なわけだ。

これからさらにグローバル化が進めば、日本人男性は恋愛面でも過酷な“国際競争”を強いられかねないのかも…!?
(友清 哲)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト