40代のアク抜きダイエットテク

「代謝を上げる食事」で快適ダイエット

2015.04.09 THU


40男のアク抜きダイエットテク/「代謝を上げる食事」で快適ダイエット
言うまでもなく密接な関係にある、体型と食生活。日々摂取するカロリーが基礎代謝量を越えてしまうと脂肪がつき、それが肥満につながる。ならば、カロリーの消費を促進する効果が高い食事を意識的に取れば、代謝が良くなって、太りにくいボディを維持できるはず。代謝を上げやすくする食事について、プロ競技者から芸能人の肉体改造まで手がける六本木ボディプラントラボの足立光さんに聞いた。

■■今回のアドバイザー
六本木ボディプラントラボ所長
足立光さん

フィジカルトレーナーとして、プロ競技者からモデル、芸能人などを指導してきたダイエットの達人。最近ではプロレスラーのオカダカズチカをわずか1カ月で肉体改造させた。自身も、50代を超えても脅威の肉体を維持している。

■菜食主義では代謝は上がらない

足立さん「筋量が多いほど代謝は上がるので、筋肉をつけることがいちばん近道なのですが、忙しい現代人はそうもいきません。

とはいえ、筋肉をつくるタンパク質の摂取は不可欠。歳を取るとタンパク質を体内にプールすることが難しくなるので、若いときよりタンパク質を多く摂る必要があります。よくダイエットといって菜食主義に走る人がいますが、あれは40代には逆効果。『力が出ない』などの理由から途中でやめる人が多いんです。豆や豆腐もタンパク質ではありますが、これらだけでは(筋肉の生成にも不可欠な)必須アミノ酸が不足してしまう。代謝を良くする体をつくるには、動物性のアミノスコアが高くて、必須アミノ酸が含まれているものを摂らないといけません」

■動物性タンパク質+小魚よりも牛乳を

足立さん「食べるタイミングも大事です。体を動かすためのエネルギーが不足すると、体は省エネモードで代謝を下げようとするので、深夜に食べて朝食を抜くなどはNGです。必要以上にカロリーを摂り過ぎると脂肪が増えてしまいますが、カロリーと摂取するタイミングを考えて食べれば、体を動かすエネルギーに回るので結果、代謝が上がります。

具体的な食材としては、まず脂肪代謝を促進させる働きのあるカルシウムを摂ること。ホットミルクや小魚類はいいですね。牛乳のほうが小魚よりもカルシウムの含有量は少ないんですけど、イオン化されている分、体内への吸収率は高いんです。あとは魚や鶏の胸肉など、動物性のタンパク質。球根類なら、ニンニク。カプサイシンや香辛料の強いもの、インド料理みたいなスパイシーなものもいいですね。厳密には“代謝を上げる食事”とまではいえないですけど、血行をよくすることはできるので、こうしたものを日頃から意識的に摂るだけで大分違うと思います」

■最後にアドバイザーからひと言

「肉やニンニクは生ではなく、煮るなり焼くなりするほうがオススメです」

記事提供 / 素晴らしきオトナたちへ。モテるオトナの悦びを。[editeur エディトゥール]

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト