好き? それとも嫌い?

みんなの「メジャー」意識調査

2015.04.13 MON


「メジャー」だと認められるための条件には、「品質・機能性」をあげる人が多数
様々なジャンルにおいて、その中心となるモノを指して使われる「メジャー」というコトバ。“王道”というポジティブな響きがある一方で、多数の人に支持されるというのは、逆にいうと個性がないような気も…。世のみんなは、「メジャー」にどんな気持ちを抱いているのでしょうか。今回は、みんなの「メジャー」への意識について、20~30代の男性100人にアンケートしてみました!(R25調べ)

まず、みんなは「メジャー」というコトバにどんなイメージを感じるかを聞いてみると、1位と2位には「安心」(52%)、「信頼できる」(35%)とポジティブな感想が続いた一方、3位には「無難」(26%)というややネガティブなワードもランクイン。基本的には好意的とらえつつも、一方でやはり引け目も感じてしまったり…と、複雑な感情が見え隠れ。自分で「これはメジャーだ」と思うアイテムを持っているかの質問に、持っている人が44%、持っていない人が56%と、ほぼ半数に割れた点にも、そうした気持ちが表れているのかもしれません。

では、複雑な思いを抱きつつも、みんなが「メジャー」であるモノを選びたいと考えるのは、どんなジャンルのアイテムなのでしょうか。結果は、「食品」(33%)、「家電製品」(31%)、「自動車」(30%)がトップ3に。安全性や機能性が特に重要となるモノ選びについては、「メジャー」な商品が持つ、確かな “安心感”が購入の決め手になるようです。買い物の際には、その商品の「メジャー」度も、ひとつの選択肢として意識しておくといいかもしれませんね。

  • 「メジャー」のススメ

    様々なジャンルにおいて光り輝く「メジャー」と呼ばれる存在。“王道”であることは果たして、ボクらに何をもたらすのか! 様々な角度から「メジャー」について考えてみた!

取材協力・関連リンク

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト