大きな誘惑vs.小さな誘惑 女心を動かすのは…

イケメンはモテない?誘惑の心理学

2015.04.15 WED


ABC / PIXTA(ピクスタ)
合コンに参加するとき、女性陣の“レベル”が気になるのはもちろんだが、一方で気になってしまうのが男性陣の“レベル”。イケメンがまじっていると、女性の視線を独り占めされてしまうのではないか…とみみっちい心配をしてしまうことがある。「男は顔じゃない!」と言ってくれる女性もいるが、切実に彼女がほしい身からすると、強力なライバルはいないほうがいい。

「気持ちはわかりますが、むしろイケメンほど不利な面もありますよ。相手がイケメンであるほど女性は警戒心を抱き、慎重になってしまうもの。ほどほどのルックスの人の方が、かえって女性は安心して心を開いてくれるかもしれません」

そう語るのは、心理学者の内藤誼人先生だ。それが事実なら、世の「フツメン」男性にとっては心強い限りだが…。

「人はもともと、大きな誘惑よりも小さな誘惑の方が心を動かされやすい傾向があるんです。これはオランダ・ユトレヒト大学の心理学者フロア・クロッセ氏が、次のような実験で明らかにしています。クロッセ氏はダイエット中の女子大生を複数集め、美味しいと評判のケーキと普通のケーキ、それぞれ1ホールずつ女子大生全員に与え、『好きなサイズだけ切って食べていいよ』といいました。その結果、各ケーキがどれだけカットされたのかその面積を測定したところ、美味しいと評判のケーキは平均13.92%、普通のケーキは25.78%カットされていたことがわかりました」

これはつまり、美味しいと評判のケーキに対しては誘惑が大きい分、警戒心と自制心が働いたことの表れだと内藤先生は解説する。逆に、小さな誘惑(普通のケーキ)に対しては心に油断が生じ、結果的に多く食べてしまうわけだ。

たしかに、なまじルックスに恵まれていると、「モテそうだから」という理由で女性が警戒したり、二の足を踏んでしまったりするケースもある。ルックスに自信のない男性は、安心感を武器に頑張ろう。
(友清 哲)

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト