値が高いと肌荒れしやすいと聞くけど…

日焼け止めのSPF値は高いと危険?

2015.04.22 WED


日本ではSPF50以上のものはすべて「50+」と表記される。また、PAの強さは「+」の数の多さで確認を 画像提供/meropin / PIXTA(ピクスタ)
春になると紫外線が気になって、化粧品を買うたびにSPF値の高さをチェックしますよね。でも、SPF値が高すぎる化粧品は、成分が強いため肌荒れを引き起こす場合もあると聞いたことが…。小林メディカルクリニック東京の小林暁子先生、その噂は本当でしょうか?

「配合の具合にもよりますが、SPF値が非常に高い製品の場合、肌の弱い人は肌荒れする場合があります。SPFとは紫外線防御指数のことで、紫外線を浴びたあとに皮膚が赤く日焼けするまでの時間をどれくらい引き延ばせるかを表します。たとえば、皮膚が赤くなるまで20分かかる人がSPF30の日焼け止めを使うと、赤くなるまでの時間を20×30で600分(10時間)まで予防できます。同じ人がSPF50の日焼け止めを使えば、赤くなるのを1000分(約16時間)まで予防できることになります。しかし、予防時間が長ければ長いほど、強い成分を使っているため、肌荒れにつながる場合があります」

紫外線はいくつかの波長で構成されており、肌の表面に作用して炎症を引き起こし、シミやソバカスの原因となるのがUVB(B波)。SPFはこのUVBを予防する効果があります。また、多くの日焼け止めにSPF値とあわせて表示されているPAは、肌の奥深い真皮に達してシワやたるみなどの老化現象を引き起こす、UVA(A波)の予防効果の度合いをあらわしています。つまり、SPFの値だけを意識するのではなく、PAの値も確認して日焼け止めを選んだほうがいいそう。

「とはいえ、やみくもに値が高いものを選べばいいわけではなく、使い分けが大切です。室内にいることが多い日は、SPF値もPA値も低い日焼け止めを選んだほうが、肌への負担を抑えられます。一方、海や山に出かけるときは、高い値の日焼け止めを選びましょう。また、基礎のスキンケアでしっかり保湿をしておくことも大事です。保湿前の肌に日焼け止めを塗りこむと、肌に直接吸い込まれてしまい、肌への負担が大きくなります。必ず保湿重視のスキンケアをおこなってから、日焼け止めを塗りましょう」

よほど窓際の席でもない限り、室内にいるときはSPF10~20程度を。レジャーのときは、SPF30以上を選ぶとよいそう。上手に使い分けて、肌への負担を軽減させましょう!

(富永明子)

取材協力・関連リンク

関連キーワード

注目記事ピックアップ

 

編集部ピックアップPR

ブレイクフォト